【マイクロラーニニグとは】eラーニングを加速させる。その意義とメリット

マイクロラーニングという言葉をご存知でしょうか?

企業が人材開発をする際に、近年ではeラーニングに注目が集まっています。マイクロラーニングはその派生形と言えます。
特にIT機器を使いこなせる若手社員に適した学習スタイルとして、検討してみるのも悪くないはずです。

本記事では、そんなマイクロラーニングについてご紹介します。

マイクロラーニングとは?

上述のように、マイクロラーニングとは昨今注目されているeラーニングの派生版と言えます。

eラーニングはインターネットやPC・スマホ、電磁的記録媒体などを駆使して、デジタルベースで学習するのが特徴でした。本とノートにペンで書き込むと言う、従来のアナログな学習法からは一線を画すもので、動画や音声を活用したり、プログラムによって効率的な暗記に役立つなどのメリットがあります。

マイクロラーニングは、このようなeラーニングの仕組みはそのままに、よりスキマ時間を活用しやすくしたものです。
昔ながらの勉強法として、家や学校では参考書を使い、通学・通勤などでは単語帳を取り出して学んだような経験をお持ちの方は多いことでしょう。
マイクロラーニングは、ここで言うの単語帳に代わる存在です。ちょっとした空き時間に取り出し、予習・復習・記憶の定着に使う学習方法に適正があります。

スキマ時間を活用するマイクロラーニング

マイクロラーニングは、eラーニングの学習スタイルを、ちょっとしたスキマ時間向けにアレンジしたものです。
基本的に、マイクロラーニングでは数分で1つの学習単位を終えることが可能となっています。ただしこれは、単に学習内容を細分化しただけではありません。

効率的な学習を考えてみましょう。
ある科目において、全体像をまんべんなく学びながら、暗記が大切な部分は的を絞って繰り返し学習すると言うようなスタイルが適していることはしばしばです。これと同様、eラーニングや実際の講義を通して全体像をじっくりと学び、その上でマイクロラーニングの環境を整え、暗記のための繰り返し学習に活用することが理想的です。

マイクロラーニングの活用事例とは

マイクロラーニングは、企業において、新入社員へ向けたものや、海外派遣の事前研修などに活用されています。
知識の定着を促し、学習レベルを確認できるので、このようなケースでは効率的な人材教育が期待できそうです。

マイクロラーニング型、オリジナル教材の開発

マイクロラーニングの形式を取り入れ、専門的な学習に活用されている例もあります。
営業部門へのマニュアルやマインドセット学習、あるいは保険外交員への法律知識のチェックプログラムなどが実例として見当たります。

部下への教育時、言葉や板書では伝えずらいことも時折発生します。しかしマイクロラーニングの形式を採用することで、繰り返し学習しやすいものとなり、理解が進みやすいと言えます。さらにそのコンテンツをドラマ仕立てにしたり、クイズ形式にしたりなど工夫しながら、それぞれ企業が自社にとって望ましい形で導入を進めているようです。

マイクロラーニングは、人材育成の選択肢の一つ

企業においては「人財」と言うフレーズを用いることも多くあります。
組織において人の存在は重要で、その存在価値を高めるためには、担当者の力添えは欠かせません。

マイクロラーニングは新しい概念ですが、その実用性は多くの企業から注目を得ています。
人材教育を考える際には選択肢の1つでしょう。

社員の意識改革やステップアップのために、導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/