タスク・イニシエーションを考慮した人員配置の重要性と効果

タスク・イニシエーションという考え方をご存知でしょうか?

終身雇用制度が崩壊し人材の流動性が高まっている今、タスク・イニシエーションを考慮した人員配置は、企業の終身雇用制度が崩壊しつつある現代の日本において重要な人事マネジメントの一つとなっています。

本記事では、そんな「タスク・イニシエーション」について解説します。

タスク・イニシエーションとは何か

タスク・イニシエーションとは、新入社員が職場において与えられた課題(=タスク)をこなし、仕事に貢献できたと認められることを意味します。

「イニシエーション」は本来、「ある集団や社会で一人前の成員として認められるための儀式」という意味を持っており、会社業務を通じてのイニシエーションを「タスク・イニシエーション」というのです。

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置が必要とされる背景

企業の終身雇用制度が崩壊しつつある現代の日本においては、人材の流動性は非常に高まっています。このため、終身雇用制度が機能していた時代よりもタスク・イニシエーションを経験する人の数が圧倒的に増えているのです。増えているのはタスク・イニシエーションを経験する人の数ばかりではなく、経験する人のバリエーションも増えています。このような事情から、タスク・イニシエーションを考慮した人員配置が重要となってくるのです。

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置とはどのようなものでしょうか。それは、新入社員が、新しい職場において正しく業務を学び、業務を遂行しやすいような人員配置をすることです。そのためには、新入社員のポテンシャルを考慮し、適性がある部署やグループへ配置することや、教育係や導き役としてふさわしい人物がいる部署やグループに配置することが重要です。

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置を行う際に気を付けるべき点

タスク・イニシエーションを経験するのは、若者の新入社員ばかりではありません。中途入社や転籍などで、タスク・イニシエーションを経験する新入社員は中高年の場合もあります。中高年の場合は、若者と異なり、周囲にサポートや助言を求めることに抵抗があったり、これまでの仕事のやり方をすぐには変えられないという人も多くいます。このような場合は、教育係というよりもコミュニケーションスキルが高い人物と組んで業務を遂行するような人員配置とするのがよいでしょう。

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置の効果

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置は、優秀な人材を育成し、仕事に貢献してもらう上で非常に重要なものです。タスク・イニシエーションがスムーズに行われると、新入社員は早く業務を覚え、職場になじみ、スキルアップしていきます。その結果、仕事にも貢献できるようになり、会社としては大きなメリットとなります。

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置は、人事マネジメント中でも重要なポイント

タスク・イニシエーションを考慮した人員配置を行うには、新入社員のポテンシャルを考慮し、適性があり、かつ教育係や導き役としてふさわしい人物がいる部署やグループに配置しましょう。さらに、中高年の新入社員にも配慮することも大切です。タスク・イニシエーションを考慮した人員配置は、結果として、新入社員が早く仕事に貢献してくれるようになり、会社にとっては大きなメリットとなります。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/