【ハーモス勤怠の使い方】これを見れば「有料プランのすべて」が分かるリンク集 │ HRMOS勤怠 by IEYASU

いつもハーモス勤怠 by IEYASUをご利用いただきありがとうございます。

無料でご利用いただけるハーモス勤怠ですが、有料プランをお申込みいただくことで、より使い勝手良くご利用いただけるようになります。この記事では、ハーモス勤怠の有料プランに含まれる機能や各機能の設定方法などをまとめてご案内いたします。

無料プランと有料プランの違いとは?

【動画】5分でわかる無料プランと有料プランの違い

 

無料でご利用いただけるハーモス勤怠ですが、有料プランをお申込みいただくことで、より使い勝手良くご利用いただけるようになります。具体的な違いとしては、まず「無料プランにはなかった便利な機能を利用できる」ようになります。加えて「無料プランにあった様々な制限が解除される」ようになります。

【無料プランにはなかった有料プランの機能】

機能1|届出申請ワークフロー
機能2|勤怠アラート
機能3|有給休暇等 自動付与機能
機能4|時間単位有給休暇
機能5|残業管理レポート
機能6|勤怠エラーレポート
機能7|有給休暇管理レポート
機能8|プロジェクト収支
機能9|オリジナル時間帯集計
機能10|HRMOS勤怠API
機能11|システム管理者の2段階認証
機能12|固定IPアドレスによるアクセス制限
機能13|夜勤打刻

【有料プランであれば解除される 無料プランの制限】

制限解除1|広告非表示
制限解除2|勤怠データ保存期間が1年から無制限へ
制限解除3|問い合わせフォームでのオンラインサポート
制限解除4|データ出力制限(1時間に1回)が解除

 

無料プランにはなかった有料プランの機能

追加機能を利用する際は「機能をONに」

有料プランの中には、設定をしなければメニュー画面が表示されない機能もありますので、まずは順番通りに設定を行なってください。

(例)
[システム管理>システム設定]画面の「届出」にチェックをつけなければ、
届出申請・承認を行う「届出」画面は 上部メニューに表示されません。

詳しい設定方法については以下で詳しくご説明いたします。

機能1|届出申請ワークフロー

  • 残業の事前申請・承認
  • 深夜残業の事前申請・承認
  • 振替出勤・振替休日の申請・承認
  • 有給休暇の申請・承認

上記のような勤怠に関する届出申請・承認が可能となります。
例えば、22時までの残業を認めた場合、それ以降の業務は「集計対象としない(残業を認めない)」といった運用もできるようになります。
届出申請ワークフローを活用することで、業務時間への意識を醸成・労働⽣産性の改善が見込めます。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『届出申請ワークフロー』を実演

届出申請ワークフローを活用した「残業の事前申請制」に関する動画はこちらをご覧ください。

【活用事例動画】「残業の事前申請」を簡単に導入し残業を削減する方法

 

詳しい設定方法は以下の記事・マニュアルをご覧ください。

【活用事例】ハーモス勤怠の使い方「届出申請ワークフローの活用事例」

【設定方法】クイックスタートマニュアル(届出申請ワークフロー)

 

機能2|勤怠アラート

残業時間が1ヶ月で45時間超過」「有給休暇の取得日数が有給休暇付与から10ヶ月時点で5日未満」などの、勤怠に関するアラートを自由に設定できるようになります。

勤怠アラートの上限に達した場合は、メールやアプリに通知され、日次勤怠画面(出勤簿)の項目を色づけて通知することも可能です(Slack連携をしていればSlackにも通知が届きます)

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『勤怠アラート』を実演

詳しい設定方法は以下の記事をご覧ください。

【活用事例】【設定方法】ハーモス勤怠の使い方「勤怠アラートの活用事例」

機能3|有給休暇等 自動付与機能

「有給休暇」「特別休暇」「記念日休暇」「慶弔休暇」など企業が設定する休暇の自動付与・一斉付与が可能となります。「継続勤務年数」と「1年間の所定労働日数」を設定し、入社日に応じた数が自動で付与されます。
また、「過去の出勤実績に応じた休暇付与」や「出勤率8割未満であれば付与しない制御」も可能です。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『有給休暇等自動付与』を実演

詳しい設定方法は以下のマニュアル・記事をご覧ください。

【設定方法】クイックスタートマニュアル(有給休暇)

【設定方法】Q. 勤務実績(出勤率)に応じた有給休暇の自動付与は可能?

機能4|時間単位有給休暇

「働き方改革」の中で多様化するライフスタイルにいち早く対応するためには不可欠となった時間単位での休暇取得。
有料プランであれば、有給休暇子の看護休暇介護休暇1時間単位で「付与」「利用」ができるようになります。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『時間単位有給休暇』を実演

詳しい設定方法は以下のマニュアル・記事をご覧ください。

【設定方法】クイックスタートマニュアル(有給休暇)

【設定方法】Q. 【子の看護休暇・介護休暇】時間単位で利用する場合の設定

機能5|残業管理レポート

有料プランの場合、上部メニュー「レポート」の画面に「残業管理レポート」が追加されます。

この「残業管理レポート」では、改正労働基準法36協定におけるリアルタイムに確認すべき「残業時間」や「有給休暇取得数」などを一つのレポートで確認できます。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『労働基準法の残業管理レポート』を実演

【設定方法】新労働基準法対応「残業レポート」機能の使い方

機能6|勤怠エラーレポート

有料プランの場合、上部メニュー「レポート」の画面に「勤怠エラーレポート」が追加されます。

「出退勤打刻漏れ」や「休憩時間を入力できていない」等の勤怠に関するエラーを一覧で確認できるレポートになっております。

指定した月の中で、「誰が」「いつ」「どのような」エラーを起こしているのか、改善はされているのかいないのかを一目で確認できます。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『勤怠エラーレポート』を実演

詳しい設定方法は以下の記事をご覧ください。

【設定方法】「勤怠エラーレポート」の使い方

【関連FAQ】Q. 勤怠エラーレポートのエラーの内容について

機能7|有給休暇管理レポート

有料プランの場合、上部メニュー「レポート」の画面に「有給休暇管理レポート」が追加されます。

「有給休暇管理レポート」は、付与日(基準日)からの1年で取得すべき有給休暇について、「取得期限はいつなのか」「あと何日有給休暇を取得しなければならないのか」を一覧で確認できるレポートになっています。

【設定方法】「有給休暇管理レポート」の使い方

機能8|プロジェクト収支

各取引先のプロジェクトごとの収支を可視化することができます。

通常の収支表のように、取引先ごと・プロジェクトごとの収入と支出を一目で確認できることはもちろん、売上配賦を作業時間で割った「人事売上高」や、利益を作業時間で割った「人時生産性」もご確認いただけます。

コスト削減、収支バランスに応じたプロジェクトの調整にご活用いただけますと幸いです。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『プロジェクト収支』を実演

詳しい設定方法は以下の記事をご覧ください。

【設定方法】Q. プロジェクト収支とは?

【設定方法】マニュアル(プロジェクト収支)

 

 

機能9|オリジナル時間帯集計

パート・アルバイトの場合、早朝・日中・深夜等の時間帯ごとに勤務時間を集計し、それぞれの時間帯の時給をかけて給与計算を行うことがあります。

有料プランに含まれる「オリジナル時間帯集計」機能を活用すれば、会社で定めたオリジナルの時間帯ごとに勤務時間を集計しcsvで出力できるようになります。

【機能紹介動画】ハーモス勤怠の『オリジナル時間帯集計』を実演

 

詳しい設定方法は以下の記事をご覧ください。

【設定方法】「オリジナル時間帯集計」の使い方

 

機能10|HRMOS勤怠API

●独自の社内システム/基幹システムと連携したい
●CSVではなくAPIで自動連携したい

というお問い合わせをいただきます。

ハーモス勤怠は、有料プランをご利用中の皆様にAPIを提供しています。
APIをご利用いただくと、ハーモス勤怠内部に格納されるデータのうち、利用可能なデータの取得・更新を行えるようになりますので、是非ご活用ください。

【活用事例】

1)日々勤怠データを取得し、基幹システムへ連携
2)独自のアラート生成のために勤怠データを取得
3)管理職向けのレポート自動生成

【設定方法】Q. APIは利用可能?(基幹システムと連携させたい)

 

機能11|システム管理者の2段階認証

二段階認証を行うように設定した場合、「システム管理者」権限のアカウントは、ログインをする際にログインID・パスワードの入力だけでなく「認証コード」の認証が必要になります。

アカウントに登録されているメールアドレス宛に、ログイン用の認証コードが送られますので、その認証コードを入力してハーモス勤怠へログインしてください。

認証コードを用いた二段階認証を設定することにより、ログインID・パスワードを不正取得した第三者による「なりすまし」や不正アクセスを防止できるようになります。

【設定方法】Q. システム管理者の二段階認証とは?

機能12|固定IPアドレスによるアクセス制限

「固定IPアドレスによるアクセス制限機能」を活用すると、予め登録していた会社等のネットワークの固定IPアドレス下でしかハーモス勤怠へアクセスできなくなります

登録した固定IPアドレス下ではない環境でログインできなくなることはもちろん、登録した固定IPアドレス下で予めログインしておき、その後、それ以外の固定IPアドレス下に移動した場合であっても、操作をした時点でログアウトしアクセスができなくなります。

下記のようなニーズにもお応えできるようになりましたので、是非ご活用ください。

  • 会社以外のネットワークからでは打刻できないようにしたい
  • セキュリティの観点から会社のネットワーク下でしかシステム管理画面を編集させたくない

【設定方法】Q. 固定IPアドレスによるアクセス制限とは?

機能13|夜勤打刻

「打刻日付切替時刻」や「退勤調整時刻」を過ぎてしまい、「夜勤明けの退勤打刻ができない」という状況を解消するための機能です。
打刻画面に表示される「夜勤打刻(前日の労働時間として集計)」というチェックボックスにチェックを入れると、前日の退勤打刻ができるようになり、その打刻は前日の労働時間として集計されます

【設定方法】Q. 夜勤打刻とは?

有料プランであれば解除される制限

制限解除1|広告非表示

無料プランの場合、以下の画面に広告が表示されますが、有料プランであれば広告は一切表示されなくなります

・ログイン画面
・打刻画面(ブラウザ)
・日次勤怠画面 ページ下部
・シフト画面
・勤怠承認画面
・レポート画面
・システム管理>お知らせ 画面

【関連FAQ】Q. 無料プランの「広告の表示」はどこに表示されますか?

 

制限解除2|勤怠データ保存期間が1年から無制限へ

無料プランの場合、お申し込みから1年が経過すると打刻データや日次勤怠データなどの「勤怠データ」がシステム上から消えていく仕組みになっています(それ以降も1年経過するごとに勤怠データは削除されます)。

有料プランであれば「勤怠データの保管期間:1年」の制限はなくなり、ハーモス勤怠をご利用いただいている間は、システム上に勤怠データが残り続けます。過去の出勤簿をいつでも簡単にシステムからを出力することができ、csvを出力して保管する手間もなくなります。

【関連FAQ】Q. 無料プランの「勤怠データ保存期間1年」とは?

【関連動画】勤怠打刻データの保管で労働基準法違反に?!労働基準監督署から是正勧告をされないために

制限解除3|問い合わせフォームでのオンラインサポート

有料プランのお客様の場合は、個別にご相談・お問い合わせいただくことができます。

ハーモス勤怠へログイン後、[システム管理>問い合わせ]画面の問い合わせフォームよりご質問いただけます。サポート担当がご質問を承り、お客様の環境や設定を確認しながら個別に回答いたします。

【POINT】
・サポート担当者が個別に回答
・貴社の環境や設定を見ながら問い合わせ内容を確認
・正しい設定方法や運用をご案内

【関連FAQ】Q. 有料プラン「オンラインサポート(お問い合わせ)」とは?

制限解除4|データ出力制限(1時間に1回)が解除

フリープランでご利用の場合、以下レポート類の出力に関して【1時間に1回まで】の制限がございます。

・日次勤怠データ出力
・月次集計データ出力
・勤怠CSV出力

有料プランであれば、それらのデータ出力制限が解除され、自由にcsvデータを出力できるようになります。

【関連FAQ】Q. レポート類の出力制限について

ハーモス勤怠の有料プランの申込方法

無料会員登録後、システム管理者権限でログインをし、左サイドメニュー「プラン設定」画面より変更可能です。また、上部メニューの「有料プラン」というボタンをクリックしても同じ画面に遷移します。

まず「月々払い」「年間一括支払い」のタブを切り替えます(図❶)。※年間支払いの場合2ヶ月分お得になります
次に、登録する社員数に応じたプランの申し込みボタンをクリックします(図❷)。

次に支払い方法を入力し、有料プランへの申し込みが完了します。お申し込み後、すぐに有料プランの環境へ切り替わります。

詳細は以下のFAQをご覧ください。

【設定方法】Q. 有料プランへの変更方法は?

LINEで送る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事