【リカレント教育とは】「学び直し」の教育とは?その重要性、課題を解説

「リカレント教育」をご存知でしょうか。
リカレント教育の実践は、あなたのスキルや知識を高めキャリアアップに繋げるだけでなく、人生をより豊かなものにしてくれるできる。

本記事では、そんなリカレント教育の特徴やメリット・必要性、またそれだけではなくデメリットや今後の課題についてを解説します。

リカレント教育とは?

リカレント教育とは、義務教育などを終えている人が必要に応じて「就労と教育」を繰り返すシステムのことを言います。
回帰教育や生涯学習とも呼ばれ、それらは誰かからの命令で始めるものではなく、自らの意志で学び直すことを指します。政府もリカレント教育を推奨していて、勉強する場の確保などさまざまな施策が取られています。

政府も推奨するリカレント教育。なぜ?

政府がリカレント教育を推奨する最大の理由は、就業率の向上です。
学び続ける中で専門性の高いスキルを身に付けることができれば、新たな就業機会やキャリアアップ、さらには給与の向上に繋がることが期待されています。内閣府の調査で、リカレント教育で専門的なスキルを身に付けた人は、その就業確率が約10%~14%上がるというデータが発表されました。また、リカレント教育を受けた人はその3年後には15万円ほど年収が上がることが見解として発表されました。
高齢になってからリカレント教育を始める方も少なくなく、生きがいや心の豊かさに繋がることもメリットとされています。

リカレント教育の課題とデメリット

基本的にはポジティブな印象を持たれがちなリカレント教育ですが、やはり学び直す時間が必要であること、また社会人向けの学習ということで相応の費用がかかることは覚悟しなければなりません。
大学での学び直しや職業訓練に挑戦するとなると、1ヶ月で約48時間以上、費用としては6万円程度かかります。通信講座や書籍・セミナーでも学べますが、テキスト代など意外なところで意外と費用はかさみます。さらに働きながら勉強をするとなると、学校に通う時間の確保など、時間はかなり上手にやりくりしなければならないでしょう。
仕事と勉強を両立できるようなシステム作りが、リカレント教育の推進に向けた最も大きな課題の一つです。また、教育機関やプログラムの拡充も課題として挙げられています。

リカレント教育はなぜ必要なのか?

日本は少子高齢化の傾向にあり、労働生産性の向上が企業の命題となっています。その考え方に基づき、今後は60代以上になっても、定年を迎えず働き続ける人が増えてくるでしょう。年齢に関係なく、それぞれのスキルアップやキャリアアップをしていくためには、リカレント教育が必要です。

リカレント教育によってキャリアアップをしよう

リカレント教育に取り組むことは、スキルの向上とキャリアアップに繋げることができます。
働いている企業の協力や理解は必要ですが、ビジネスマンにとって学び直しは今後の人生をより豊かにするためには必要でしょう。また、生きがいを見つけるために学ぶという選択肢も一つです。
リカレント教育の実施校を増やすことなど今後の課題はありますが、リカレント教育の需要は高まることはほぼ間違いありません。
ぜひ、リカレント教育の実践を検討してみてください。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/