API連携|「人事労務freee」と「IEYASU 勤怠管理」の連携方法

2019年10月より、無料の勤怠管理システム「IEYASU」は、freee株式会社が運営するクラウド人事労務ソフト「人事労務freee」とのAPI連携機能を開始いたしました。本稿では、「人事労務freee」と「IEYASU」の連携方法についてご紹介いたします。

「人事労務freee」とのAPI連携でできること

無料の勤怠管理システム「IEYASU」の各勤怠管理サービスで管理している「従業員の勤怠情報」を、手作業による転記やデータファイルのエクスポート・インポート無しに、人事労務freeeに連携することが出来るようになります。 これにより、勤怠管理から給与計算までをシームレスに繋ぐことができ、前述のユーザー課題を解消することが可能となります。

「人事労務freee」の「勤怠サマリAPI」について

「勤怠サマリAPI」は、人事労務freeeに登録されている従業員の月次勤怠情報を参照・更新可能なAPIです。 このAPIを用いることで、人事労務freeeの各従業員の月次勤怠情報を取得し、他のサービスに連携する機能や、他の勤怠管理サービスで管理している勤怠情報を人事労務freeeに連携する機能を効率的に開発することが可能です。 APIの仕様等はfreee Developers Communityを参照ください。

API連携手順1.「IEYASU」側での設定

API連携手順1−1.freee連携ボタンを選択

システム管理者のアカウントでIEYASUへログイン後、システム管理>システム設定>サービス連携>freee の項目より「連携」ボタンを選択してください。

「連携」ボタンを押すと、人事労務freeeのログイン画面へ遷移します。IEYASU側での連携の設定は以上となります。

システム管理>システム設定>サービス連携>freee

API連携手順2.「人事労務freee」側での設定

API連携手順2−1.「人事労務freee」の連携画面へ

IEYASU側で「連携」ボタンをクリックすると、人事労務freeeのログイン画面へ遷移しますので、自社のログイン情報でまずログインをし、そのあとに連携画面へ移動します。

API連携手順2−2.「人事労務freee」の連携する事業所選択

連携後、複数会社が登録されている場合、連携先の会社を選択してください。(1社の場合、こちらの画面は表示されません)

以上で、「人事労務freee」と「IEYASU 勤怠管理」のAPI連携が完了しました。
次に、毎月の勤怠データの連携方法についてご説明いたします。

月次データ取込み手順1.「人事労務freee」へ勤怠データ取り込み

月次データ取込み手順1−1.「IEYASU」画面より「月次レポート送付」

毎月の勤怠データを人事労務freeeへ連携させるためには、IEYASU側から操作を始めます。
システム管理者のアカウントでIEYASUへログイン後、システム管理>システム設定>サービス連携>freee の項目より「月次レポート送付」ボタンを選択してください。

システム管理>システム設定>サービス連携>freee

月次データ取込み手順1-3.認証・設定・勤怠データの連携

人事労務freee側にて認証後、「勤怠データ」を「月度」を指定しデータ連携します。

以上で、「IEYASU 勤怠管理」から「人事労務freee」への月次勤怠データの送付が完了しました。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/