【イベントレポート】無料の勤怠管理システムHRMOS勤怠_オンライン質問会|2024年6月14日開催

2024年06月14日に、勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASUのオンライン質問会を開催いたしました。

本稿では、今回の質問会でいただいたご質問とその回答の概略や関連URLについてご紹介いたいします。なお、定期的にオンライン質問会やセミナーを開催しておりますので、勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASUにご興味がございましたら是非ご予約・ご参加くださいませ。

【資料】今回いただいた質問をまとめた資料をダウンロード

閲覧・ダウンロードはこちら

フレックスタイム制の設定を確認したい

フレックスタイム制(コア無し)、固定残業あり、の場合の勤務形態と社員それぞれの設定を確認したいです

該当者が承認者に設定されている場合は、先に被承認者の設定にて該当者が選択されていない状態に変更することで削除ができるようになります。

【関連FAQ】
【ハーモス勤怠の使い方】フレックスタイム制の3つの運用方法
フレックスタイム制|クイックスタートマニュアル

 

「フレックスタイム制(所定時間超)」の項⽬を表示させたい

⽇次勤怠画⾯の下部に「フレックスタイム制(所定時間超)」の項⽬を表示させたい

日次勤怠 項目設定画面で表示する設定となっているかご確認くださいませ。

【関連FAQ】
日次勤怠・項目設定 | ハーモス勤怠 ヘルプ

 

会社独自の休暇管理ができるか

会社独自の休暇管理ができるか

可能です。オリジナル休暇を設定ください。

【関連FAQ】
Q. オリジナルの休暇の管理を行いたい

 

社用タブレットで使用できるようにしたい

社用タブレット(Android7.1.1)に共有打刻機のアプリをインストールするも「共有打刻が停止しました」と表示される。
個人所有のスマホ(Android14)では正常に稼働する。社用タブレットで使用できるようにしたい。

アプリやOSのバージョンを最新版に変更し再度打刻ができるかお試しいただけますでしょうか。
上記では解決しない場合は、アプリのキャッシュクリアをお試しくださいませ。

【関連FAQ】
Q. 動作環境について教えてください。

 

GPS機能(打刻位置)

GPS機能(打刻位置)

打刻時に位置情報を取得する機能をご用意しております。

【関連FAQ】
Q. 位置情報は取得できる?

 

Win自動打刻/あるか

Win自動打刻/あるか

自動打刻の機能はございませんが、出退勤時刻をあらかじめ登録するという機能はご用意しております。
打刻をしなくても集計がされるようなイメージとなります。

【関連FAQ】
Q. 未来の出勤退勤時間が既に入力されているのは何故ですか?
Q. 「日次勤怠にて時間の初期表示する」とは?

 

打刻した日は勤務区分が「出勤」となるという設定方法はありますでしょうか

雇用形態「アルバイト」の社員が、LINEアプリで打刻した日は勤務区分が「出勤」となるという設定方法はありますでしょうか。
現在、月の半分以上出勤する社員は出退勤 初期表示を「出勤」に、月の半分未満しか出勤しない社員は出退勤 初期表示を「公休」にしております。
月末に管理者が手動で設定変更しておりますが、打刻された日の勤務区分が「出勤」となるという設定方法はありますでしょうか。

恐れ入りますが、現状では打刻によって勤務区分を切り替えるという機能はご用意がございません。
公休の日に打刻をすると画面上でエラーの表示がされますため、出勤をされる場合は、[社員>出退勤 初期表示]は出勤で運用いただく方法も視野に運用について検討いただければと存じます。
今後「打刻時の勤務区分の自動切替」の機能をリリース予定です。

【関連FAQ】
Q. すべて「出勤」のカレンダーで不都合なことは?
Q. 勤務はバラバラだがシフト設定をせずに運用したい
2024年 リリース予定について

 

承認フロー/代理承認はできるか

承認フロー/代理承認はできるか

届出機能をご用意しており、こちらはご本人でのみ申請ができます。

【関連FAQ】
Q. 届出機能を実運用するうえで注意することはありますか?

所定時間の集計について知りたい

当社の所定労働時間は7.5時間なのですが、ある従業員の2日間だけ所定時間が8時間になってしまっているようでして原因を教えていただけますと幸いです。

該当日に登録している「所定勤務区分」の設定で、[勤務区分>所定時間 8:00または空欄]で設定している場合は、こちらが原因かと存じます。
日次勤怠画面でグレー文字の勤務区分を確認の上、設定を変更くださいませ。

【関連FAQ】
Q. 勤怠設定画面の「日次勤怠画面の「所定勤務区分」」「日次勤怠画面の「勤務区分」」とは?

 

自由シフトの設定について教えてほしい

〇シフト設定されているためデータ生成できません。の意味
〇ほぼシフトスタッフの場合有料しかできないか。
〇個々が日による自由シフトの場合の設定。

シフトを組成し、日次勤怠データ生成をした場合は、打刻ができるようになります。
記載のエラーはシフトの組成、または日次勤怠データ生成をしていないためです。

シフトの利用有無を問わず、30名以下であれば無料で利用が可能です。
31名以上の場合は、全社員がシフトオプションの課金対象となります。

希望シフトについてのご質問の場合は、2023年12月26日以降に発行したアカウントではご利用いただけます。
それ以前に登録いただいておりますサイトでは利用ができかねますので、再登録をお願いいたします。

【関連FAQ】
Q. シフト社員が打刻できない日があるのは何故ですか(鉛筆マークもありません)
Q. 無料プランに人数制限はありますか?
料金プランについて
Q. 希望シフトを収集・提出できますか?

承認者権限で希望シフト申請ができず、シフトの編集もできないため、設定を知りたい

システム管理者により、 「シフト」→「拠点選択」→「拠点シフト画面で社員を追加」 ここで、利用者・承認者の社員Aと、利用者のみの社員Bを、Z拠点に追加した。
これにより、社員Aと社員Bは利用者として、希望シフトの申請ができると思っていた。
しかし、社員A、社員B各々のアカウントでログインすると、「利用者」の社員Bは希望シフト申請ができるが、「利用者・承認者」の社員Aは希望シフト申請もできないし、シフトの編集もできない。
これの対処方法はどうすれば良いか教えて頂きたいです。

「承認者」「利用者・承認者」の社員はシフトの閲覧・編集が可能です。
ただし、上部メニュー[シフト]>拠点を指定で表示される拠点名は、自身の被承認者(社員>第1~第4承認者で設定されている社員)の所属拠点のみです。

また、希望シフトは社員ごとに利用する/しないを設定いただく仕組みです。
該当者の設定を改めて確認いただけますと幸いです。

【関連FAQ】
【新機能】希望シフト申請機能で希望シフトの提出が可能に

 

残業を分単位で集計することは設定で可能でしょうか

勤怠項目で残業代が30分単位で切り捨てされているが、これを分単位で集計することは設定で可能でしょうか。

退勤時刻を端数処理する設定をしているためかと存じます。
こちらを端数処理しない設定に変更していただき、希望の集計値となるかご確認くださいませ。
なお、端数処理の設定については社員ごとではなくサイト共通の設定となります。

【関連FAQ】
Q. 端数処理ではどのように丸められる?

残業の単位を30分で設定したいと考えていますが可能でしょうか?

残業の単位を30分で設定したいと考えていますが可能でしょうか?
また、もし可能な場合は何処で設定すれば良いでしょうか。

残業時間の項目を端数処理する設定はご用意がございません。
残業時間の項目を端数処理したい場合は、集計値をCSVで出力し、お手元で加工する方法で対応くださいませ。
HRMOS勤怠では以下の集計値を対象に端数処理の設定ができます。
・1日の総労働時間
・出勤時刻
・退勤時刻
・1ヶ月の総労働時間

【関連FAQ】
Q. 端数処理ではどのように丸められる?

日次勤怠データ出力の締め日はどのから設定できますか

20日締めで運用をしておりますが、レポート画面のデータ出力より日次勤怠データ出力をすると、1日からのデータが出力されてしまいます。
個人の日次勤怠画面は20日締め表記となっているので合わせた内容での出力を行いたいのですが、どのようにすればよいでしょうか。

レポートの締め日を末日から変更いただくと20日締めで出力できるかと存じます。

【関連FAQ】
Q. 勤怠設定の「勤怠承認・レポート締め日」とは?

 

■オンライン質問会は定期的に開催中|お申し込みはこちら

オンライン質問会は定期的に開催いたします。ハーモス勤怠 by IEYASUのサービス概要・機能・設定方法などについての質問を事前に承り、いただいた質問について1つずつ回答させていただきます。無料の勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASUにご興味がございましたら是非ご予約・ご参加くださいませ。

こちらの記事最下部よりお申し込みをよろしくお願いいたします。
https://www.ieyasu.co/media/online_question_reservation/

※基本的に事前にいただいた質問に対して回答いたしますので、こちらのフォームより、知りたい内容・質問をご記入ください。

LINEで送る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事