勤怠管理IEYASUの使い方「シフトが登録できないときに確認すべきこと」

無料のクラウド勤怠管理IEYASUでは、シフト勤務の勤怠管理にもご利用いただけます。
ですが、ご利用中のお客様からは「シフトの勤務区分が登録できない」とのお問い合わせをいただくこともしばしば・・・。

そんなときには、まず「システム設定画面」を確認しましょう!

勤怠管理IEYASUで「シフト」を利用する際にまずやること

「シフト」の勤怠区分を登録する場合、まずは設定画面で「シフト」が「利用する」になっているかを確認しましょう。この部分が「利用しない」になっている場合、シフトの登録ができませんので、画面下の「編集」ボタンより変更します。

「編集」をクリックすると、システム設定画面が表示されます。
「上部メニュー」の「勤怠」の項目にある「シフト」のボックスにチェックを入れます。

ここにチェックを入れることで、勤怠区分を新規作成する際、「シフト」「シフトカラー」が表示されるようになります。

ここからは、マニュアルに沿って下記の手順を経れば、シフト登録は完了です。

【シフト登録の手順】
1. シフトで使用する「勤務区分」を作成する
2. 「拠点」に 1で作成した「勤務区分」を登録する
3. シフトを利用する社員を設定する
4. シフトを設定する
5. 4で生成したシフト日次勤怠データを確認する

参照:「シフト設定」https://www.ieyasu.co/help/manual/shift/

勤怠管理にお悩みの企業様は、ぜひ無料のクラウド勤怠システムIEYASUをお試しください。
アカウント作成をしたその日から、無料でご利用をはじめていただけます!

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/