日次勤怠・項目設定

権限による違い

日次勤怠 項目設定画面(トップメニュー > 「システム管理」 > サイドメニュー > 「日次勤怠 項目設定」)では社員の日次勤怠 画面に表示させる項目設定設定をすることができます

日次勤怠 項目設定画面

1-1.日次勤怠 項目設定 マスタ設定

日次勤怠画面「日次勤怠 項目設定」のマスタを設定します。

1. 日次勤怠の項目にチェックを入れることで、権限毎に表示・非表示を選択することができます。またそれぞれの項目にはオリジナル名称をつけることができます。

一般権限 : 一般社員が日次勤怠画面を表示した場合の項目
承認・システム管理者権限 : 承認、システム管理者が勤怠承認画面から各社員の日次勤怠画面を表示した時に表示される項目
※承認、システム管理者が勤怠承認画面を経由せず、自身の日次勤怠画面を表示させた場合は、「一般権限」の表示になります。

2. 日次勤怠の項目見出し「出勤時間」、「勤務時間」、「休日・休暇取得」、「フレックスタイム制(所定時間越)、フレックスタイム制(法定労働時間越)、裁量労働制、変形労働時間制」部分は社員の日次勤怠画面下部に表示される月の集計値になります。

3.承認印にチェックを入れると「日次勤怠」画面でPDF出力した際に承認印欄が追加されます。

日次勤怠・項目設定画面

日次勤怠画面(PDF)

1-2.フレックスタイム制、裁量労働制、変形労働時間制の設定

フレックスタイム制、裁量労働制、変形労働時間制の設定をします。

1. フレックスタイム制、裁量労働制、変形労働時間制を利用する場合は「勤怠設定」画面にて利用したい「労働形態」にチェックを入れ、「社員」編集画面にて労働形態を設定してください。

勤怠設定画面

社員画面

2. 社員の「日次勤怠」集計値に「フレックスタイム制、裁量労働制、変形労働時間制」が追加されます。

1-3.日次勤怠 項目設定 勤怠グラフの設定

日次勤怠画面に勤怠グラフを表示させます。

1. 日次勤怠・項目設定画面の勤怠グラフにチェックを入れてください。

2. 勤怠グラフ「予定登録」機能を使用する場合は勤怠設定画面 > 勤怠グラフ設定 > 勤怠の予定登録 > 使用する にチェックを入れてください。

3. 日次勤怠画面に勤怠グラフが追加されます。

勤怠の予定登録は勤怠の予実管理を参照してください。