勤怠管理IEYASUの使い方『「裁量労働制」の設定方法』

働き方改革が進み労働基準法も改正される中、「裁量労働制」を一部導入を検討している、もしくは実際にしている企業が増えています。

今回は無料の勤怠管理システムIEYASUにて、「裁量労働制」を適用している社員の設定方法をご紹介いたします。

裁量労働制を設定する手順

裁量労働制の設定をするための、いくつかのステップがあります。
順を追ってご説明いたしますので、流れに沿って貴社環境の設定をお願いいたします。

1. 勤怠設定にて「裁量労働制」をチェック

システム管理>勤怠設定>労働形態

こちらにて「裁量労働制」のチェックボックスを選択してください。

2. 「日次勤怠 項目設定」にて表示項目の追加

次に表示項目の追加を行います。
「日次勤怠 項目設定」にて「裁量労働制」にて必要な項目をチェックしてください。

・みなし時間:1日のみなし時間(勤務区分にて設定した時間が集計されます)
・法定外休日労働:法定外休日労働時間が集計されます。
・法定休日労働:法定休日労働時間が集計されます。
・裁量労働時間:上記を集計した裁量労働時間が表示されます。

※会社によって休日の集計や表示名称の変更などが可能です。

3. 勤務区分の作成「裁量労働制」用の勤務

システム管理>勤務区分

裁量労働制の勤務区分を作成します。

ポイントは2点です。

1)みなし時間の設定
労使協定にて定めた「みなし時間」を設定してください。
1日8時間や10時間といった数値です。(赤い矢印_上段)

2)総労働時間は「実働のみ」に
みなし時間を設定すると打刻した時間と合計して集計されてしまいます。それを防ぐために
「総労働時間」は「実働のみ」としてください。(赤い矢印_下段)

4. 社員の設定

最後に「裁量労働制」が適用される社員の設定です。

システム管理>社員

労働形態を「一般」から「裁量労働制」へ変更してください。

これで設定は完了いたしました。

日次勤怠画面にて確認!裁量労働制の枠はありますか?

該当社員の日次勤怠画面を確認しましょう。

右下に「裁量労働制」の枠が新しく表示されていれば設定は完了です。
お疲れ様でした。

※「深夜残業」に関しても裁量労働制の場合、給与の支払いが必要です。
左から2番目の「勤務時間」の中に「深夜残業」がございますので、こちらも集計対象としていただければ幸いです。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/