【新機能】日次勤怠画面から派遣先(クライアント)担当者への申請が可能に|SES・人材派遣会社のためのクラウド勤怠契約請求システム

いつもIEYASUをご利用いただきありがとうございます。

この度、SES会社・人材派遣会社のためのクラウド勤怠・契約・請求システム「IEYASU契約・請求」に新しい機能を追加いたしました。

今回リリースした新機能によって、左上ロゴメニュー「勤怠」の日次勤怠画面から、派遣先(クライアント)担当者への作業報告(日次勤怠・月締申請)を申請できるようになります。

請求書作成に利用する作業報告書を、派遣先(クライアント)担当者へ申請のする際に、わざわざ左上ロゴメニューを「契約・請求」へ切り替える手間がなくなりますので是非ご活用ください。

【新機能】日次勤怠画面から派遣先(クライアント)担当者への申請が可能に

(前提)請求書作成のために派遣先(クライアント)担当者からの承認が必要

人材派遣会社やSES会社は、派遣先企業(クライアント)への請求書を毎月作成しますが、その請求書を作成するための作業報告書を派遣先(クライアント)担当者から承認してもらう必要があります

(機能改善以前)左上ロゴメニューの切り替えが必要だった

以前は、派遣先(クライアント)担当者へ作業報告書を申請するために、左上ロゴメニューを「契約・請求」へ切り替える必要がありました

具体的には、左上ロゴメニュー「勤怠」より打刻や日次勤怠の申請を行い、派遣先(クライアント)担当者への作業報告書(日次勤怠申請・月締申請)を申請する場合は、左上ロゴメニューを「契約・請求」に切り替え、申請を行っていました。

(機能改善以後)左上ロゴメニューの切り替えが不要になります

今回の機能改善によって、左上ロゴメニュー「勤怠」の上部メニュー「日次勤怠」画面に、派遣先(クライアント)担当者へ作業報告書を申請するための申請ボタンが表示されるようになりました。
派遣スタッフやエンジニアは、派遣先(クライアント)担当者へ申請する際に、わざわざ左上ロゴメニューを切り替える必要がなくなり、日次勤怠画面からスムーズに申請ができるようになります。

【設定方法】日次勤怠画面から派遣先(クライアント)担当者への申請が可能に

(設定手順1)契約・請求設定画面での設定

左上ロゴメニュー「契約・請求」> 上部メニュー「契約・請求」> サイドメニュー「契約・請求設定」画面から設定を行います。

「作業報告書の申請承認」の項目で「日次勤怠画面に表示する」と設定することで、
左上ロゴメニュー「勤怠」の上部メニュー「日次勤怠」画面に、派遣先(クライアント)担当者へ作業報告書を申請するための申請ボタンが表示されるようになります。

「日次勤怠の申請承認」の項目では「表示しない」と設定することをお勧めします。

※「表示する」と設定していた場合、自社(人材派遣会社・SES会社)の承認者へ申請するための「申請承認」列が表示されるようになります。自社の承認者による承認が不要な場合は、派遣スタッフ・エンジニアの混乱を招きますので「表示しない」と設定してください。

(設定手順2)契約画面での設定

左上ロゴメニュー「契約・請求」> 上部メニュー「契約」画面から、各契約の詳細を設定することができます。

契約内容の設定画面にある「作業報告」の項目において「日々出勤・退勤時間を入力する」と設定します。

※「月稼働時間のみ入力する」(=クライアント・派遣先企業が指定した勤怠管理システムを利用し、IEYASUには月の稼働時間のみを入力する)場合、IEYASUの打刻機能や日次勤怠機能は利用しませんので、今回の機能改善には直接関係はありません。

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります。
是非「無料の勤怠管理システムIEYASU」ご利用いただき、皆様からのフィードバックを頂戴できれば幸いです。

IEYASUへのご要望はこちら

LINEで送る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事