インデペンデント・コントラクターとは?技術者による新しい働き方

あなたは仕事を通してスキルを磨けていますか?何かの技術を高めることができているなら、インデペンデント・コントラクターという働き方は今後の選択肢の一つかもしれません。専門的な技術を持った人の新しい働き方を紹介します。

インデペンデント・コントラクターとは?専門職の新しい働き方

インデペンデント・コントラクターとは自分自身の専門性を売りにし、1人で複数の会社と契約を結び働く人のことを指します。専門技術を有する人によるフリーエージェントと言えるでしょう。自分1人だけの法人ととらえると分かりやすいでしょう。専門性の高い技術を持った人に向いており、会社から離れて交渉、契約、作業から最終チェックまで全てを1人でこなします。インデペンデント・コントラクターの数は年々増加しています。企業側にとっても、常に必要としてるわけではないような専門技術の一時的な契約として利用する例が増えています。技術の幅は広く、デザイナーやプログラマーからマーケティング、プロジェクトマネージャーまで様々です。

インデペンデント・コントラクターとして働く、また契約するメリット

インでペンデント・コントラクターという働き方を選ぶもっとも大きなメリットは、自分の時間を自由に使えることです。決まった時間に出勤、休憩、退社といったルールに縛られる必要が無く、その日の体調や仕事の進み具合と相談しながら自由に決めることができます。また専門性が高ければ、技術を提供する企業とより高い値段で契約することができます。自分が持っている技術自体を商品とするので、何時間働いたらいくらでは無く、期間、仕事内容、他の仕事との兼ね合いに応じてある程度自由に値段を調節することが可能です。インデペンデント・コントラクターになるためには、面接試験などといった決まりきった形式は無く、自分がやると決めた瞬間から始まるので、多くの人が手を出しやすいというのも大きな特徴です。また企業側のメリットとしても、インデペンデント・コントラクターと契約をする事で、固定費としての人件費が無くなります。一回の契約料が多少高値でも、総合的に見ると利益を出すということが可能なのです。

自己管理と自己研磨が何より大事!働く、また雇用する際の注意点

インデペンデント・コントラクターはほぼ全ての決定権が自分にあります。それと同時に全ての責任も自分が負わなければいけません。そのため、何かを決断するときには通常以上の慎重さが求められます。他にも、会社との契約や売り込みまでもが自分の仕事となるので、コミュニケーション能力が必要となってきます。そして、自分の技術を売りにするため、常に技術を磨く向上心が必要不可欠です。自分の売りは何か、相手や社会が求めている物は何か、それらを常に模索しながら進む必要があるでしょう。インデペンデント・コントラクターと契約を結ぼうとする企業側の注意点としては、必ずしも要望にぴったりの技術者が見つかるわけでは無いということです。インデペンデント・コントラクターの発見と採用を、自身の企業で雇っている技術者に頼めばその人が持っている技術や知識と照らし合わせて検討することが可能です。しかし他に委託するとなると未知の部分も出てきてしまうため、依頼する相手には事前のすりあわせが必要です。

専用の支援法人もある!活動の幅を広げよう

インデペンデント・コントラクターは1人で全てを行うので、自分自身の管理が重要となってきます。健康管理には特に気をつけましょう。インデペンデント・コントラクター専用の支援法人もいくつか存在します。それらを活用することで活躍の幅が広がり、保険などの心配も軽減することが可能です。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/