【ゆう活とは】導入による企業と社員のメリット、その課題を解説

テレビでゆう活という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
ゆう活とは、夏の生活スタイル変革のために展開している国民運動のことです。

本記事では、ゆう活を導入した際にのようなメリットがあるのか、そしてどのような課題があるのかについて解説します。
ゆう活の導入を検討する上での参考になれば幸いです。

ゆう活とは?

ゆう活とは働き方改革の一つです。
日が長い夏に朝早くから仕事を開始し、その分仕事を終える時間も早めることで、夕方の時間を家族や友人と過ごすなど有効に活用しようという取り組みです。

ゆう活によってワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を充実させることを目的としています。

企業におけるゆう活のメリット

企業におけるゆう活のメリットは、特に経費の削減になることです。
残業をしないよう努力することで業務を効率化させ、残業代が削減されます。
さらには空調の使用時間も減るため、電気代の削減も期待できるでしょう。

また企業のイメージアップに繋がるというメリットもあります。
ワーク・ライフ・バランスの実現に取り組んでいる企業だと対外的に認識されられるでしょう。

ゆう活による社員のメリット

ゆう活による社員のメリットとしては、第一に通勤ラッシュを回避できるということがあげられます。
電車やバスが混雑していると、会社に着くまでずっと立っていなければならないことが多くあり、肉体的にも精神的にも大きなストレスとなるでしょう。
しかしゆう活により出勤時間を早めることでラッシュを回避でき、快適な通勤が可能となるのです。
さらに朝は集中力が高い時間帯なので、効率よく仕事ができるにも違いありません。

企業の理解は必須?ゆう活が抱える課題

ゆう活にある課題を解説します。

特に子育て世代の場合、子供を送り出す時間と出勤時間が重なってしまう可能性が高くなります。
さらに仕事から早く帰れたとしても子供のお世話があるため結局大したリフレッシュには繋がらないという懸念も存在します。
そうなると、目的としていたはずの「ワーク・ライフ・バランスの実現」がクリアできないのです。
加えて、業務時間が変わることにより取引先と連絡が取りづらくなるなど、仕事上の不都合が生じることも考えられます。

導入する企業はこのことをよく理解し、その他の働き方改革と組み合わせて工夫するなどし解消する必要があるでしょう。

ゆう活を始めてみませんか?

ゆう活の課題を他の働き方改革と組み合わせてうまく工夫することができれば、企業のイメージ向上と社員の業務効率化が期待できます。
まずはお試しとして単月だけでもゆう活を導入してみてはいかがでしょうか?

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/