【VUCAとは】変化の激しい時代に対応できる社内体制、人材のあり方とは

世界情勢や経済動向の変化により、企業活動も柔軟な変化に対応していくことが重要となっていきます。企業の経営計画に従った体制を構築しても想定外のリスクに見舞われることは十分に有り得ます。変化や不確実な事象に的確な対応が取れる工夫を社内に構築していくことが重要です。

「VUCA」その言葉の意味とは?使われ方は?

VUCAとは、動的で複雑、不確実で曖昧という意味を表す言葉です。
Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせています。

現代の変化が激しい時代を形容する言葉で、「VUCAの時代に適応した企業経営をせよ」などと使われます。

VUCAの時代とは?

日本語では「競争の激しい時代、安定のない時代」というのがわかりやすいかもしれません。
SNSやスマートフォンアプリケーションの変遷を見てもわかるように、今は各社がしのぎを削って戦い合っている構図があります。
その戦いの中では、これまで長い歴史を作ってきた大企業でさえも、崩れてしまう可能性が常に潜んでいる時代です。

営業計画・事業計画に従って経営を進めたとしても、様々な外部要因や想定外の事態からそれが円滑に進まなくなることはよくあることです。情報共有のあり方の変化などから、既存のビジネスの進め方や商慣習では想定出来ない事態が発生することも珍しくありません。既存の概念にとらわれることの無い、柔軟な発想ができる人材あるいは組織体制が必要な時代がきています。

VUCAの時代においては、変化を楽しめるスタッフの採用が大切

VUCAの時代に対応をしていくには、様々な変化に柔軟に対応出来る人材を雇用することが大切です。既存の商慣習にこだわるのではなく、時代の変化や営業方法の変化に対応していくべきです。ビジネスの進め方が変わったことを嫌がるのでは無く、その変化すらも楽しむような柔らかい思考を保持する人材を雇用していくことで、変化の激しいビジネスシーンにおいても柔軟に立ち回っていける強い組織が出来上がるでしょう。企業としては、日々の業務の遂行能力だけではなく、社会情勢の変化に機敏に反応し自己研鑽できるタイプの人材の雇用を心がけていきましょう。

VUCAの時代に対応できる、自律的な人材を育てていきましょう

VUCAの時代に即した人材を揃えていくには採用活動に注力するだけではなく、人材育成の工夫も大切です。指示待ち人間を育てるのではなく、自律的に考え自発的な行動をする人材を育てましょう。そしてそれを会社に頼るのではなく、自ら学んでいける人材である努力をしましょう。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/