【新機能】オリジナル時間帯集計機能をリリースしました

いつもIEYASUをご利用いただきありがとうございます。

この度、オリジナル時間帯集計機能をリリースしましたのでご案内します。

パート・アルバイトの場合、早朝・日中・深夜等の時間帯ごとに勤務時間を集計し、それぞれの時間帯の時給をかけて給与計算を行うことがあります。

今回の機能改善により、会社で定めたオリジナルの時間帯ごとに勤務時間を集計できるようになりました。

※有料プランのみの機能

【動画で確認】オリジナル時間帯集計機能

【機能デモ】IEYASUの『オリジナル時間帯集計』を実演【無料の勤怠管理システム】

【機能紹介】オリジナル時間帯集計機能

パート・アルバイトの場合、早朝・日中・深夜等の時間帯ごとに勤務時間を集計し、それぞれの時間帯の時給をかけて給与計算を行うことがあります。
今回リリースした「オリジナル時間帯集計」機能を活用することによって、上記のような運用が可能となります。

[システム管理>勤怠設定>オリジナル時間帯集計タブ]画面で設定したオリジナルの時間帯ごとに勤務時間を集計し、csvデータで出力できるようになります。

有料プランのみの機能となります

【設定方法】オリジナル時間帯集計機能

(設定1)勤怠設定画面からオリジナル時間帯を作成

[システム管理>勤怠設定>オリジナル時間帯集計タブ]画面にある「新規作成」ボタンより、オリジナルの時間帯を登録します。
※オリジナルの時間帯は複数パターン作成することができます。

時間帯の名称を記入し、平日・休日ごとの時間帯をそれぞれ記入し「登録する」ボタンをクリックします。

(補足)
[システム管理>勤怠設定>オリジナル時間帯集計タブ]画面でオリジナル時間帯を登録した時点で、レポート画面に「月次オリジナル時間帯集計データ出力」「日次オリジナル時間帯集計データ出力」が追加されます(詳細は「【運用方法】オリジナル時間帯集計機能」の段落をご覧ください)。

また、オリジナル時間帯を登録した時点で、社員編集画面にも新しい項目が表示されます。社員csvにも新しい項目(列)が追加されますので、予めご承知おきください。

(設定2)社員画面からオリジナル時間帯と社員を紐付け

[システム管理>社員]画面へ遷移し、オリジナル時間帯集計を行いたい社員のテキストリンクから編集を行います。

(設定1)の作業を行ったことにより、「オリジナル時間帯集計ID」という項目が社員編集画面に追加されています。この社員に紐づけたいオリジナル時間帯を選択してください。

以上で、設定は完了です。

【運用方法】オリジナル時間帯集計機能

オリジナル時間帯集計の補足と事前準備

オリジナル時間帯集計機能は、基本的に設定した日付以降の勤怠に適用されます。また、オリジナル時間帯を変更した場合、日次勤怠の再生成やレポートデータ更新を行わなければ新しい時間帯は反映されません

【オリジナル時間帯集計機能の仕様】

  • オリジナル時間帯を登録しても過去の日次勤怠は含まれず登録以降のみを計算する
  • オリジナル時間帯を変更しても日次勤怠を再生成か編集しない限り古いデータのまま表示させる

オリジナル時間帯で集計した勤怠データを確認する場合には、まず
[レポート>月次レポート]画面から「レポートデータ更新」を行い、最新の設定で再計算した上でご確認ください。

オリジナル時間帯で集計したデータを確認・出力する

オリジナル時間帯集計機能の設定を行ったことにより、
[レポート]画面に「月次オリジナル時間帯集計データ出力」「日次オリジナル時間帯集計データ出力」が追加されています。オリジナル時間帯ごとに集計された勤務時間を確認したい場合は、これらの画面からcsv出力をしご確認ください。

出力する場合は、画面上部にある「オリジナル時間帯集計ID」の項目にて、出力したい時間帯パターンを選択した上で、画面右上の「csv出力する」をクリックします。

出力したcsvには、オリジナル時間帯ごとに集計した勤務時間が表示されるようになります。

■月次オリジナル時間帯集計データ

■日次オリジナル時間帯集計データ

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります。
是非「無料の勤怠管理システムIEYASU」ご利用いただき、皆様からのフィードバックを頂戴できれば幸いです。

IEYASUへのご要望はこちら

LINEで送る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事