【ユースエール認定企業とは】その意味や認定を受ける方法などを解説

ユースエール認定」をご存知でしょうか?

若者の採用や育成に関するこの認定で須賀、その実態や意味について詳しく知っている人はまだ多くないのではないでしょうか。
本記事ではユースエール認定企業について、その意味や認定を受ける方法、メリットなどについて解説します。

ユースエール認定制度とは

ユースエール認定制度とは「若者雇用促進法に基づく認定」とも言われ、若者の採用や育成に積極的で、雇用管理の状況なども優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度のことを言います。
認定を受けたユースエール認定企業の情報発信などを後押しすることで、企業と若者のマッチングを向上させることを目的とし、2015年からスタートした制度です。

ユースエール認定を受けるためには

ユースエール認定を受けるためには、厚生労働省の定める認定基準の全てを満たす必要があります。

また、制度の対象は従業員数が300名以下の中小企業のみとなっています。
認定基準の内容は、若年層の雇用や育成に積極的かどうかといった点や、労働時間や離職率などの職場環境の整備、年雇用情報の詳細な公開を行っているかなどの合計12個の基準があります。

これらの条件を満たせば、ユースエール認定を受ける資格を得ることができます。

ユースエール認定に必要な手続き

認定基準を満たしている企業は、認定の申請を行うことでその認定を得られます。

企業の住所を管轄する都道府県労働局に、必要書類を添付し提出します。
提出先はハローワークでも受け付けてもらえる場合もあります。
原則として、申請した日から30日以内に認定審査が行われ、認定が通れば認定通知書が送られてくることとなっています。

提出に必要な書類は、厚生労働省のホームページ上からでもダウンロードが可能です。

ユースエール認定を受けるメリットとは

ユースエール認定を受けることで、ハローワークなどでの重点的なPRや認定企業限定の就職面接会へ参加、商品などへの認定マーク利用が可能となります。
知名度が低い中小企業にとって、就職活動を行う若者に対して認知されやすくなることは大きなメリットです。
また、若者の採用や育成に関する助成金や日本政策金融公庫の優遇金利、公共調達の際に加点評価を受けられるといったメリットもあります。

ユースエール認定企業になろう!

制度の対象となる中小企業は、どうしても大企業と比べると認知度が下がってしまうため、人材確保に悩みを抱える担当者は多いでしょう。
ユースエール認定企業になれば様々なメリットが与えられ、採用活動などを有利に進めることができるようになります。

条件を満たしている企業はユースエール認定の活用を検討してみることをお勧めします。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/