【ジョブ・ディスクプリプションとは】適材適所に人材を配置するための施策

適材適所とは、物事を円滑に進めるために適切なスキルを持った人を適当な部署に配置することをいう四字熟語です。企業にとって適材適所は外すことのできないものですが、ただそれをどのような基準で選べばよいのかが分からず難航してしまうケースはよくあるのではないでしょうか?そんな時に活用していただきたいのが、現在アメリカから広まりつつある「ジョブ・ディスクプリプション」という仕組みです。

ジョブ・ディスクプリプションとは

ジョブ・ディスクプリプションとは直訳すると職務記述書という言葉になります。職務記述書には、個人の名前と連絡先だけでなく、現在働いている部署での具体的な職務内容や昇進意識などの目標、そして責任感の強さや現在の地位での権限などまでもが記載されます。仕事によっては、社内外の関係や必要とされる学歴や知識、そしてこれまで取得してきた技術や資格なども記載される書類です。なぜこのように事細かく個人の情報が記載されているのかというと、このジョブ・ディスクプリプションがあることによって個人の能力に合わせて仕事を供給することができるという大きな利点があるからです。

ジョブ・ディスクプリプションが適材適所を可能にする

ジョブ・ディスクプリプションのメリットは、個人の能力に合わせた環境を用意しやすくなることで、十分に力を発揮し仕事の成果を上げられるようになることです。事業の成果を上げるためには、円滑な作業内容をこなせる必要人数を算出し、それを仕事内容別に振り分けなければなりません。とは言え、必要人数がそろい作業に合わせて振り分けができたとしても、仕事内容にその人の持つ能力が合致していなければ効率が悪くなってしまいます。そこで事前に職務記述書という形で個人の能力情報をある程度知れる基準があれば、その仕事の内容の中で個人能力にあった部署に配置できるので能率を上げることができるというわけです。

採用時にも活用できるジョブ・ディスクプリプション

ジョブ・ディスクプリプションは基本的に事業の成功率を上げるために用いられるものですが、それ以外にも再就職での採用基準にも使われています。求職者は働く場所が自分に合っているのかを知りたいのは当然であり、企業にとっては必要な能力を持った人材がほしいことは当然です。そこで、企業が事前に求職者に求める能力についての要件を明示することで、求職者はそれを参考に選考を受けるか受けないかを考えることができます。このようにジョブ・ディスクプリプションが機能することによって、求職者にとっても企業にとっても満足いく関係性が構築しやすくなります。

ジョブ・ディスクプリプションは、今後きっと日本でも普及が進む

アメリカでは広く実用化がされ、高い効果を発揮しているジョブ・ディスクプリプションですが、日本ではまだまだ活用は少ないと言えます。その理由としてあげられることは、まずは職務記述書を作成すること自体に手間がかかることです。さらに日本では「職業選択の自由」という考え方により、知識を持っていない人でも教え学ばせることを良しとする文化があることで、この考え方が浸透しにくいからといえます。ただ現在では、役に立つスキルがあるのにスキルに合わない企業に就職したことで心身ともに疲れ果て辞職してしまう人が多いということも社会問題として注目されつつあります。そのような状況ですので、このジョブ・ディスクプリプションの採用は今後より進んでいくことでしょう。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/