あなたの会社はまだですか?「グローバル組織」という経営戦略

これまで閉鎖的だった日本企業においても、現在はグローバル化させる企業が増えています。
本記事では、今後ますます増えるであろう「グローバル組織」について解説します。

グローバル組織とは?

グローバル型組織とは、本国にあるヘッドクォーター(本社)に経営資源や権限を集中させ、実務の部分を各国の現地法人を中心に遂行するという形の組織を言います。グローバル組織においては、経理や財務等の管理機能と研究開発の機能を本社で持ち、各国の支社では大規模な製造拠点や販売等の機能を担当することが一般的です。
組織運営の戦略プランニングや事業マネジメントなど大きな意思決定は本社で調節し、業務レベルのマネジメントは現地の法人が独立して行うのです。

グローバル組織を運用するために大切なこと

グローバル組織を活かした経営を行うには、商品の供給パイプラインの可視化がもっとも重要なことの一つと言えます。
グローバル組織の形態を取り入れる魅力は、製造やマーケティング、開発や物流などのプロセスが効率的になることです。この強みを最大限に発揮するためには、効果的なマネジメントの仕組みを見つけることが大切です。そのためには、各国で分業されているビジネスプロセスをかしかした上で、国境を越えて最適化する努力が必要となります。

グローバル組織にする際には物流の効率性や現地調達率に係る法令や規制といった条件を考慮しながら拠点を構えることとなるため、ビジネスプロセスが一つの国で完結するのではなく、国境を越えるケースが多々あります。海外の支社になると、単に物理的な距離が離れているだけでなく、時差や使っている言葉も異なります。そのためプロセスがブラックボックス化してしまうことが往々にあり、本社がリアルタイムで各国の状況を把握できない事態に陥ります。
グローバル組織を運用する際には、本社と支社とで取引状況や生産状況、物流状況などのプロセスを可視化し、供給パイプラインが明確にわかる状態にしておくことが、グローバル組織の強みを最大限発揮するための必須条件となるのです。

グローバル組織を選択する目的を明確に

グローバル組織の形態を選択することは、組織の経営戦略の一手段です。
組織の大きな目標は企業同士の競争に勝つことで、その会社の競争優位を作り上げることのはずです。市場規模が縮小している日本国内ではそれぞれの企業が海外に進出し、新たな市場を求めてグローバル組織を採用しはじめています。

貴社ではどのような戦略をとりますか?

これからの生存戦略としてのグローバル組織

IT技術の発達や世界の国際化が進むことで、海外の支社ともコミュニケーションはますます取りやすくなっています。それに伴い各社のグローバル組織化も進んでいくことは明らかでしょう。安定した経営を行うことや、新たな市場を開拓するといった目的のためにも、グローバル化をしていく必要があると考えられているのです。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/