【ギグ・エコノミーとは】1億人総フリーランス社会も目の前!?俊敏な働き方が注目されています

読者の方に、フリーランスとして活動されている方はいらっしゃいますか?また、現在会社員で、フリーランスに興味のある方はいらっしゃいますか?
フリーランスとなれば、一定自由度の高い働き方を実現させやすいと言われています。「ギグエコノミー」という状態を得ることが可能となります。その「ギグエコノミー」について、説明できますか?

ギグ・エコノミーとは

ギグ・エコノミーとは、労働者がインターネットを通じて単発の仕事を請け負い、フリーランスとして「アジャイル」に働く状況のことをいいます。アジャイルとは「俊敏な」を意味する語です。このような働き方を望む人は一般に複数の会社を雇用主として契約しますが、今後こうした働き方が増え、主流とさえなってくるのではないかといわれています。
特に注目されているのが、トラックのドライバー、会計士、ソフトウエアのエンジニア、翻訳者、通訳者などの仕事です。これらの仕事は今後の働き方が多様化する時代においてさらなる需要の増加が見込まれる職業です。特にこれらの仕事に関心を持つ方は、「アジャイル」で働くことを検討するのもいいのかもしれません。

ギグ・エコノミーのメリット、デメリット

ギグ・エコノミーは世界中で広まっている働き方の概念です。このメリットは、世界中のどこでもフレキシブルな働き方が可能な点です。場所も選ばないため、例えば生活コストの安い東南アジア地域やアフリカに住み、インターネットを通して仕事を得ることで、日本で同じことをするよりも生活の質をあげるということを期待できるようになるのです。もしくは、少ない労働時間で十分な生活ができるようになるのです。
しかしながらその一方であげられるデメリットは、ほぼ必然的にPC作業が多くなってしまうこと、また一人の時間がほとんどになってしまうことで、現実社会と接触する機会が失われたり、長時間の労働を強いられてしまう可能性が流ということでしょう。フリーランスとしてギグ・エコノミー的な働き方を求める場合は、己の身体と精神のケアは、必須とも言えます。

ギグ・エコノミーが普及する将来

ギグ・エコノミーという働き方には前向きな見方がされており、日本だけでなく世界中から期待されている現状です。企業にとっては、ギグ・エコノミーが普及することで従来のアウトソーシングとはまた異なった方法として新たな外注先を見つけやすくなります。日本においても、ギグ・エコノミー的な働き方が専業主婦の収入源になったり、人とのコミュニケーションが苦手で自宅で働きたいという人にとっての選択肢となるなど、それは社会的な意義を持ちます。
さらには、このような働き方を望むフリーランサーと企業とのマッチングプラットフォームには、仕事に対する相互評価を求めるフィードバックシステムが基本的に備わっています。そのため、きちんと仕事をする人には多くの仕事を任せられ、きちんと対応ができる企業はより仕事を発注しやすくなるようなエコシステムが組まれています。「信用経済」という言葉がありますが、個々人または法人のこれまでの行いが信用となり、次の仕事に結びついたり給与があがるなどの社会の新しいルールが構築されつつあるのです

ギグ・エコノミーを利用する会社に注意!勤怠管理はお忘れなく

ギグ・エコノミーは現在世界中で広まっている働き方の1つです。個人に仕事を発注することでその個人としても収入の大きな支えとなり、企業にとっても一時的な労働力として重宝される存在でしょう。
ギグ・エコノミー的働き方の中での報酬形態も、やはり時給制もしくは成果報酬制となります。成果報酬制でない限りは、ギグ・エコノミーを選択するフリーランスにも勤怠管理でその労働状況を把握する必要があります。フリーランスの彼らにタイムカードを押させることは、物理的に不可能です。オンラインで可能なクラウド勤怠システムがほぼ必須と言ってよいでしょう。
無料のクラウド勤怠システムIEYASUを、ぜひご検討ください。

LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

IEYASU 編集部

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/