HM人事労務コンサルティング 丸山博美 「HM人事労務コンサルティング 丸山博美」の記事

コロナウイルス

新型コロナウイルス感染拡大で増える「時差出勤制度の導入、労働時間の短縮」は正しい手順で実施しましょう

新型コロナウイルスの感染は依然として全国的に拡大傾向にあり、一部地域では三度目の緊急事態宣言が発令、さらに延長されようとしています。企業経営における新型コロナウイルスの影響は多岐に渡るものと思われますが、今号では「雇用」…

コロナウイルス

「ワクチン休暇」創設続々。新型コロナウイルスワクチンの一般接種開始に先立ち、企業は必要な検討を

現在、医療従事者を中心に新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいます。今後は徐々に一般接種も開始される見込みですが、報道で見聞きする限りでは接種後の副反応を想定しておく必要がありそうです。こうした中、従業員のワクチン接…

労働基準法

どうする?月給制の給与計算~欠勤、遅刻、早退時の処理を総復習~

日々、勤怠管理や給与計算事務に携わる中では、何かと判断に迷う場面が訪れるもの。その一つに挙げられるのが、「月給制の勤怠管理、給与計算」です。「どうせ毎月定額を支払うのだから、勤怠管理等しなくて良いだろう」と安易に考えるの…

勤怠

「派遣労働者の勤怠管理」は派遣先が実施すべき重点事項!対応は万全ですか?

派遣労働者に関わる労務関連の各種対応は、派遣元と派遣先で責任区分を明確にしておくことがトラブル回避のポイントです。今号では、派遣先で実施すべき「派遣労働者の労働時間・休憩・休日の管理」について解説しましょう。 派遣先で行…

学校

【学校の働き方改革】「過労死防止大綱」改定案が公開。「教職員」は一層の対策拡充が急務

教職員の働き過ぎやこれに起因する過労死は、かねてより教育現場の労務管理を検討する上で、目を背けることのできない重要課題となっています。現場ではすでに長時間労働の是正や業務量の適正管理に関わる取組みが進められているところで…

コロナウイルス

【新型コロナウイルス】まん延防止等重点措置により、ますます複雑化する雇用調整助成金の特例をまるっと解説

新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、これまでに何段階もの特例措置や特例の拡充が講じられてきた雇用調整助成金。直近では、緊急事態宣言に続くまん延防止等重点措置により、制度はさらに複雑化しています。今号では、2021年4…

労働基準法

企業の義務である「健康診断」、パート・アルバイトへの実施はどうする?

4月を迎え、ちょうど従業員の健康診断実施を進めている企業も多いと思います。ところで、健康診断は、パート・アルバイトの中にも実施対象者がいることをご存知でしょうか?今春より中小企業でも適用が開始された同一労働同一賃金と絡め…

コロナウイルス

刷新が予定される政府のテレワークガイドライン。テレワーク時に必要な労務管理を総チェック

コロナ禍で普及が進むテレワークについては、「感染症対策」のみならず「働き方改革」の観点からも、引き続き社内制度として定着させたい意向を示す企業が少なくありません。 現状、御社のテレワーク制度の構築は万全でしょうか?新型コ…

労働基準法

ゼロから始める労務管理!会社が知っておきたい「退職」にまつわる諸手続き

「退職」に関わる定めは就業規則の絶対的記載事項のひとつですが、記載されていたとしても法律と照らし合わせて不適切と考えられる内容を見かけることがあります。 御社の退職時の手続きは、どのようになっているでしょうか?労働者を不…