勤怠設定

権限による違い

利用者・承認者、一般利用者

表示・操作などができません。

勤怠設定画面(トップメニュー > 「システム管理」 > サイドメニュー > 「勤怠設定」)では勤怠に関する設定をすることができます。

勤怠設定画面

「打刻・端数処理」「日次勤怠」「届出・時間有給」「通知メール」「集計期間・36協定」「勤務形態」毎に勤怠の設定をします。

1-1.打刻・端数処理

「打刻・端数処理」の設定をします。

1. 勤怠分類タブより「打刻・端数処理」を選択します。

2. 打刻画面、端数処理、ICカードリーダーの設定をすることが可能です。
※出勤・退勤ボタン > 休憩ボタン 初期設定では「表示しない」になっているので、ご利用される場合は「表示する」の設定に変更してください。

1-2.日次勤怠

「日次勤怠」の設定をします。

1. 勤怠分類タブより「日次勤怠」を選択します。

2. 申請承認、追加項目、確認メッセージ、勤怠グラフの設定をすることが可能です。

1-3.届出・時間有給(有料プラン)

「届出・時間有給」の設定をします。

1. 勤怠分類タブより「届出・時間有給」を選択します。

2. 届出時間有給休暇の設定をすることが可能です。
※ 届出を利用する場合はシステム設定画面にて「利用システム」> 「届出」にチェックを入れてください。

1-4.通知メール(一部有料プラン)

「通知メール」の設定をします。

1. 勤怠分類タブより「通知メール」を選択します。

2. 勤怠申請・承認、届出の通知メール設定をすることが可能です。
※ 届出を利用する場合はシステム設定画面にて「利用システム」> 「届出」にチェックを入れてください。

1-5.集計期間・36協定(一部有料プラン)

「集計期間・36協定」の設定をします。

1. 勤怠分類タブより「集計期間・36協定」を選択します。

2. 集計期間、36協定の設定をすることが可能です。
※「36協定」は勤怠アラート残業管理レポートなど有料プランの機能です。
※シフト開始日はシフト利用時のみ設定が必要です。

1-6.勤務形態

「勤務形態」の設定をします。

1. 勤怠分類タブより「勤務形態」を選択します。

2. 勤務形態、法定労働時間の設定をすることが可能です。
※ 各勤務形態の設定方法はこちらフレックスタイム制」、「裁量労働制