レポート

レポート画面(左上部ロゴメニュー > 「勤怠管理」 > 上部メニュー > 「レポート」)では社員の勤怠データをレポートとして確認・出力することができます。

レポート画面トップ

社員の勤怠データを確認・出力します。

「レポート」、「グラフ」、「データ出力」それぞれのメニューボタンを押下します。

※「36協定レポート」は2019年4月以降、36協定届様式の変更に伴い「残業管理レポート」に変更となりました。2019年4月以前よりご利用いただいているお客様に関しましては、両方のレポートをご利用頂くことが可能です。
※赤枠メニューは有料プランとなります。

レポート

選択した勤怠レポートを確認・出力します。

※一部有料プランとなります。

1. 勤怠状況レポート

「勤怠状況レポート」を選択します。社員別に本日の勤怠状況(出勤・退勤時刻)を確認することができます。
※ 背景灰色の社員は退勤中です。
※「社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。

2. 勤怠アラートレポート(有料プラン)

「勤怠アラートレポート」を選択します。社員別に指定した期間の「勤怠アラート」状況を確認できます。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。勤怠アラートの設定は勤怠アラートをご確認ください

3. 月次レポート

「月次レポート」を選択します。社員別に月の「勤務時間、勤務状況、休日・休暇取得、任意に設定した勤務区分」の状況を確認できます。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。

4. 残業管理レポート(有料プラン)

「残業管理レポート」を選択します。社員別に月の残業時間を確認できます。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。

残業管理レポート各項目の文字・背景赤色アラートは、以下の時につけます。
・各36協定値を超えた場合は文字・背景色を変更。
・各36協定値を超え、特別条項の範囲内の場合は文字色のみ変更。

残業時間:36(法定時間外労働+法定外休日労働)
第1〜5週 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「期間設定」の期間、開始曜日を元に、週の「法定時間外労働+法定外休日労働」時間が「36協定1週間」で設定した時間を超えた週はアラート表示されます。
週平均 勤怠 > システム管理 > 社員 > 労働形態」でフレックスタイム制を設定している社員は、週平均(残業時間:36(法定時間外労働+法定外休日労働) ÷ 月の日数 × 7)」の時間が「36協定1週間」で設定した時間を超えた場合アラート表示されます
法定外休日出勤
1ヶ月 法定休日出勤(勤務区分で設定)の回数が、勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「法定休日出勤 1ヶ月」の回数を超えた場合アラート表示されます。
月間
残業時間:36 月間の「残業時間:36(法定時間外労働+法定外休日労働)」合計時間が、勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「36協定 1ヶ月」の時間を超えた場合アラート表示されます。
法定休日労働 月間の法定休日出勤(勤務区分で設定)の合計時間が表示されます。
1ヶ月(残業時間:36 + 法定休日労働)の合計が 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「特別条項 1ヶ月」の時間を超えた場合アラート表示されます。
月平均(残業時間:36+法定休日労働)
2ヶ月〜6ヶ月 各月を起算月とし、過去2〜6か月間いずれかの月平均「残業時間:36+法定休日労働」が、勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 特別条項 月平均」の時間を超えた場合、該当月平均はアラート表示されます。詳しくはこちら
年間
残業時間:36 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「36協定 1年間」の時間を超えた場合アラート表示されますが。「特別条項 1年間」が設定されている場合は「特別条項 1年間」の時間が優先されます。
超過回数 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「36協定 1カ月」の時間を超えることができる回数を「特別条項 回数」で設定することができ、その回数を超えるとアラート表示されます。
有給取得 勤怠 > システム管理 > 休暇管理で管理されている、社員の有給取得数が表示されます。
※集計期間は 勤怠設定 期間設定 > 「年度最終月」の翌月1日から1年間となります。

5. 36協定管理レポート(有料プラン)

※「36協定レポート」は2019年4月以降、36協定届様式の変更に伴い「残業管理レポート」に変更となりました。2019年4月以前よりご利用いただいているお客様に関しましては、両方のレポートをご利用頂くことが可能です。

「36協定管理レポート」を選択します。社員別に月の「勤務時間、勤務状況、休日・休暇取得、任意に設定した勤務区分」の状況を確認できます。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。

36協定管理レポート各項目の文字・背景赤色アラートは、以下の時につけます。
・各36協定値を超えた場合は文字・背景色を変更。
・各36協定値を超え、特別条項の範囲内の場合は文字色のみ変更。

起算日 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」の「36協定 起算日」が表示されます。
開始曜日 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「期間設定」の「週の開始曜日」が表示されます。
労働時間 「36協定」には、勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」で設定した値が表示されます。
残業時間:36
第1〜5週 起算日、開始曜日を元に、週の「残業時間:36(法定時間外労働+法定外休日労働)」時間が「36協定1週間」で設定した時間を超えた週はアラート表示されます。
1ヶ月 月間の「残業時間:36(法定時間外労働+法定外休日労働)」時間が、勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「36協定 1ヶ月」の時間を超えた場合アラート表示されます。
1年間 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「36協定 1年間」の時間を超えた場合アラート表示されます。
法定休日出勤
法定休日出勤(勤務区分で設定)の回数が、勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「法定休日出勤 1ヶ月」の回数を超えた場合アラート表示されます。
特別条項
1ヶ月 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「特別条項 1カ月」が「特別条項 回数」の回数を超えた場合アラート表示されます。
1年間 勤怠 > システム管理 > 勤怠設定 > 「36協定」 > 「特別条項 1年間」を超えた場合アラート表示されます。

6. 休日管理レポート

「休日管理レポート」を選択します。社員別に年度月毎の「休日・休暇」の状況を確認できます。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。
※「予定」は勤怠 > システム管理 > カレンダーの「休日パターン」を元に設定されます。
※ 実績が「予定」を上回ると背景青色、下回ると背景赤色でアラート表示されます。

グラフ

1. 月次グラフ

「月次グラフ」を選択します。社員別に月の「勤務時間」(通常、残業、深夜残業、総労働)をグラフで確認することができます。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態、承認者」から絞り込むことが可能です。

2. 月次勤怠時間グラフ

「月次勤怠時間グラフ」を選択します。社員別に月の「勤怠時間」(「総労働時間」、「実働時間」、「残業時間」、「深夜労働」、「残業時間:36」、「残業時間:36 + 法定休日労働」)をそれぞれグラフで確認することができます。
※ 画面右下「矢印」、「並び順プルダウン」選択すると社員の表示順を変更することが可能です。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態、承認者」から絞り込むことが可能です。

3. 勤怠日数グラフ

「勤怠日数グラフ」を選択します。社員別に年度単位の「勤怠日数」(「遅刻日数」「早退日数」「欠勤日数」「深夜残業日数」「休日出勤日数」「有給取得日数」)をそれぞれグラフで確認することができます。
※ 画面右下「矢印」、「並び順プルダウン」選択すると社員の表示順を変更することが可能です。
※「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態、承認者」から絞り込むことが可能です。

データ出力

1. 月次、日次集計データ出力

「月次、日次集計データ出力」を選択します。左上部の期間を選択し「CSV出力する」ボタンをクリックすると社員の「勤怠データ」を出力することができます。
※「月次、日次集計データ出力」を選択後、「期間、社員番号、氏名、部門、拠点、雇用形態」から絞り込むことが可能です。