勤怠アラート

権限による違い

勤怠アラート画面(上部ロゴメニュー > 「勤怠」 > 「システム管理」 > サイドメニュー >「勤怠アラート」)では残業時間、連続勤務日数超過などの勤怠アラートを設定することができます

※勤怠アラートを利用するには有料プランに加入することが条件となります。プラン設定にて事前にお申し込みください。

勤怠アラート設定手順

システム設定画面

システム設定画面(上部ロゴメニュー > 「勤怠」 > 「システム管理」 > サイドメニュー > 「システム設定」)にて勤怠アラートを設定します。

1-1.システム設定 > システム管理メニュー

勤怠アラート

1. システム管理メニュー > 「勤怠アラート」にてON/OFFを切り替えることが可能です。

勤怠アラート画面

勤怠アラートを登録します。

1-1.勤怠アラート設定(時間、日数)

勤怠アラートの設定を「時間、日数」で登録します。

新規登録ボタンをクリックします。
※登録済みの勤怠アラートデータを編集する場合は、勤怠アラート名をクリックしてください。

2. 新規登録、編集画面へ遷移したら必須事項を入力して登録、編集することが可能です。

勤怠アラート名:任意のアラート名
対象勤怠:あらかじめ設定された集計項目よりアラート対象を選択します。
「残業時間」や「総労働時間」など13項目から選択可能です。
期間:アラート対象の期間を設定します。
アラート基準:アラートの基準を設定します。※時間または日数
通知方法:画面表示 or メール配信
通知先:表示させたい通知先にチェックを入れてください。※複数指定可
表示色:日次勤怠画面で表示させる色の選択をしてください。

勤怠アラート設定(時間)

勤怠アラート設定(日数)

1-2.勤怠アラートの画面表示およびメール配信について

アラート基準を超過した場合、メール配信または画面表示で通知されます。

■期間の説明

1日:当該日
1〜4週間勤怠設定 > 期間設定 > 「週の開始曜日」より7日間の1週間を1グループとして取り扱う
1年勤怠設定 > 期間設定 > 「年度最終月」翌月より1年間
直近1〜10日間:当該日より直近1〜10日間
月初から1〜28日間:当該月初から1〜28日間

■メール配信

該当アラートを検知をした翌日に「通知先」で指定したメールアドレスへ配信されます。配信時間の設定は( 勤怠設定 > 通知メール > 配信開始時間 )
※ メール本文の内容については修正ができません。

■画面表示(日次勤怠

該当アラートを検知をした対象勤怠欄に即時、アラート設定でチェックした色が背景色として表示されます。
日次勤怠項目設定 > 残業時間:36(対象勤怠)を「表示する」の設定にしないと画面表示がされません。

日次勤怠

日次勤怠項目設定

検知するタイミングについて

アラート要件になった時点で即時判定されます。
※ アラート検知後、日次勤怠を編集しアラート要件に満たない場合も同様に即時反映されます。メール配信は「配信開始時間」に判定されます。

社員画面

社員画面(上部ロゴメニュー > 「勤怠」 > 「システム管理」 > サイドメニュー >「社員」)では勤怠アラート画面で登録した勤怠アラートを社員に設定します。

1-1.勤怠アラートを設定します。

任意の社員名をクリックし、編集画面へ遷移します。

1. 設定したいアラートにチェックを入れます。※複数選択可

2. 以上で勤怠アラートの設定は完了です。