日次勤怠修正

日次勤怠修正画面では打刻済みデータの修正をし、登録・申請することができます。

日次勤怠修正画面

1-1.選択した日次勤怠を修正する

打刻忘れ、または打刻済みのデータを修正します。

1. 日次勤怠画面内、日付の下にある鉛筆マークをクリックし、日次勤怠修正画面に移動します。

2. 勤務区分を申請したい内容に変更します。
※通常は変更する必要ありませんが、勤務区分の変更(休日出勤や有給休暇)などある場合に設定します。ここで選択する勤務区分は勤務区分画面よりマスタ登録することができます。

3. 出勤・退勤・休憩時刻を入力します。
※出勤時刻と退勤時刻が入れ替わっていたり、退勤時刻の後に休憩したりといった修正エラーは登録できなくなっております。
※出勤・退勤・休憩時刻を選択するプルダウンメニュー下部の灰色時刻が実際に打刻した時間になります。

4. 休憩項目は「+」ボタンを押下すると増やすことができます。「-」ボタンを押下すると追加した休憩項目の削除ができます。

5. 上長への共有事項や残しておきたいメモ等があれば、備考にコメントを入力します。

6. 登録ボタンをクリックして、勤怠の修正を完了させます。
※登録するボタンをクリックしないと、変更は反映されませんのでご注意ください。

7. 申請するボタンをクリックすると、勤怠の修正を完了し、上長へ申請することができます。