カレンダー

権限による違い

利用者・承認者、一般利用者

表示・操作などができません。

カレンダー画面(トップメニュー > 「システム管理」 > サイドメニュー > 「カレンダー」)では社員の休日パターン・設定をすることができます

カレンダー画面

1-1.休日マスタ登録

社員の休日パターンを設定します。

1. 「新規作成」、登録済みの「休日パターン」をクリックすると新規登録、編集がそれぞれ可能です。
※並び順を変更すると、社員 > 編集・新規登録 > 「休日パターン」プルダウンメニューの順番が変更されます。

2. 「休日」は最大3つ、それぞれ曜日、4種類のカラーを設定することができます。
ここで選択する曜日のプルダウンは「休日登録」時に選択する「休日区分」になります。

1-2.休日設定

休日パターンの休日を設定します。

1. 休日を指定したい日付をクリックすると、休日登録が可能です。

2. 1-1で設定した休日区分を選択して登録します。

3. 休日を一括で登録したい場合は、カレンダー(休日設定)に戻って画面右上の「CSV登録」ボタンをクリックするとCSVデータによるデータ取り込みが可能です。
※一般的な休日カレンダーは左上のプルダウンより年度を選択後、「サンプルCSV」ボタンをクリックしてダウンロードすることができます。

4. 設定した休日パターン社員画面にて休日パターンを設定すると、日次勤怠画面、またはシフト画面に反映されます。

日次勤怠

シフト