残業時間(36協定)アラートや申請ワークフロー機能を追加いたしました。時間単位有給も対応。

日々の勤怠管理を行う上で、従業員の残業時間をリアルタイムで把握する必要性が求められております。そこで月末に締めてから「残業時間が超過していた」では手の打ちようがありません。

そこで今回「残業(36協定)アラート」機能をリリースいたしました。

ご覧いただいております画面にて「対象勤怠」「対象期間」「アラート基準」「通知方法」を設定いただければ各社にあった運用が可能です。 <通知方法>  ・画面での表示  ・メールでの通知 <通知先の設定>  ・本人  ・承認者(上司/管理監督者)  ・人事部など特定のメンバー※残業だけではなく「連続勤務」など様々な設定が可能です。

届出申請ワークフロー機能

「申請ワークフロー」機能では、様々な勤怠における「届出申請」を行えます。 有給休暇申請などはもちろん、残業削減の大号令がかかる中「残業申請」によって従業員の意識付けと管理者の徹底した管理を実現します。

時間単位有給休暇

今回のリリースには多くの企業で導入が進んでおります「時間単位での有給休暇」にも対応いたしました。※無料で各種機能をご提供しておりますが、今回のリリース機能については「有料版」をご契約のお客様向けの機能となります。有料版詳細はこちらをご確認ください。 https://www.ieyasu.co/fee勤怠管理システム「IEYASU」の詳細はこちらにてご確認ください。 https://www.ieyasu.co————– 本プレスリリースはボクシルでもご紹介いただいております。 https://boxil.jp/attendance/a2532

IEYASU 編集部 について

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/