ハーモス勤怠 編集部 のすべての投稿

ハーモス勤怠 編集部 について

無料のクラウド勤怠管理システム「ハーモス勤怠(HRMOS勤怠)」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/

【新機能】Akerun入退室管理システムとの連携で入退室での打刻を実現|HRMOS勤怠 by IEYASU

 

いつもハーモス勤怠をご利用いただきありがとうございます。

ハーモス勤怠を提供するIEYASU株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川島寛貴、以下IEYASU)は、株式会社Photosynth(本社:東京都港区、代表取締役社長 : 河瀬航大、 以下 フォトシンス)の提供する「Akerun入退室管理システム」(以下Akerun)とのAPIによる連携サービスの提供を2024年3月6日(水)より開始いたします。

APIを活用した入退室管理と勤怠管理のシームレスなデータ連携により、労務管理や給与計算の作業効率化、従業員のUXの向上、勤怠入力業務の簡素化を実現します。

API連携の背景

現在、オフィスを取り巻く環境は、出社を前提とした働き方への回帰が進む一方で、引き続きテレワークやコワーキングスペースなどのフレキシブルオフィスの活用など、多様な働き方が推進されています。また、企業に求められる労務管理の面では、度重なる労働関係法の改正などへの対応が求められています。

このような社会情勢の変化を受け、法令による要請に加えて多様な働き方への対応にも迫られるなど、企業の労務管理者や総務担当者への負担は増加しています。フォトシンスとIEYASUでは、労務管理者や総務担当者の負担を軽減し、より快適で効率的なオフィス環境や施設環境の整備を支援するために、APIを活用したサービス連携により労務管理の効率化や利用者向けの優れたUXの提供に向けて協業し、今回の連携サービスの提供に至りました。

「Akerun入退室管理システム」との連携の概要

今回、Akerunとハーモス勤怠のAPIを通じた連携機能を提供することで、管理部門における労務管理や給与計算などの大幅な業務効率化に加え、利用する従業員などエンドユーザーのUXの向上と勤怠入力業務の簡素化を実現します。

サービス連携による主なメリット

労務担当者や総務担当者などの管理者向けのメリット

  • オフィスや施設を入退室するだけで、Akerunの入退室データがそのままハーモス勤怠の打刻として自動反映されるため、従業員による打刻漏れや打刻忘れを防止でき、月末などの勤怠締めにかかる時間を大幅に削減
  • Akerunの入退室記録を活用し、労働安全衛生法で義務化された客観的な方法による労働時間の把握*ができるようになるため、適切な労務管理体制を構築可能
  • Akerunを通じた勤怠打刻から、ハーモス勤怠による労務管理、そして打刻情報に基づいた給与計算までの業務フローを自動化できるため、労務/総務の業務を大幅に効率化

従業員などのエンドユーザー向けのメリット

  • オフィスや施設に入退室するだけで勤怠打刻も自動入力されるため、打刻漏れを防止できるとともに、打刻漏れ/打刻忘れによる修正や申請などの手間を削減
  • オフィスや施設への入退室と勤怠打刻を1つのアクションで同時に行えることで、オフィス環境における利用者のUXが向上

具体的には、Akerunで取得されたオフィスや施設の入退室時間のデータが自動的に「ハーモス勤怠」の打刻情報として登録されるため、従業員による打刻漏れや打刻修正のための手間が削減されます。また、労務管理者は打刻の入力漏れや入力忘れが減ることにより、月末の勤怠締め作業の効率化など労務管理に役立てることができるとともに、勤怠情報を活用した給与計算もスムーズに行うことができます。

さらに、Akerunで取得する入退室データは、働き方改革関連法で義務化された客観的な方法による労働者の労働時間の状況の把握*にも活用できます。

* 労働安全衛生法第66条の8の3

 

「Akerun入退室管理システム」との連携のご利用方法

連携サービスは、2024年3月6日(水)よりAkerunのWeb管理ツールである「Akerun Connect」上からご利用いただけます

※ご利用に際しては「Akerun入退室管理システム」および勤怠管理システム連携オプション、「ハーモス勤怠」のご契約がそれぞれ必要となります。

連携に関するお問い合わせ先

Akerun入退室管理システムをすでにご利用いただいているお客様は、直接Akerunの問い合わせ窓口までお問い合わせください。
入退室管理システムの導入を検討されているお客様Akerun入退室管理システムを今後導入する予定のお客様は、以下のフォームよりお問い合わせくだださい。

Akerunの新規ご検討のお客様はこちら

 

【Akerunについて】

「Akerun」は、あらゆる鍵をクラウド化し、利便性やセキュリティの向上を実現するIoTサービスです。デジタルIDと物理IDを組み合わせてユーザーを認証するアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」を活用し、あらゆる扉がインターネットにつながることで、様々な場所やシーンへのアクセス管理を実現します。

Akerunブランドの主要サービスである法人向け「Akerun入退室管理システム」は、既存の扉に後付けで導入できるクラウド型サービスで、スマートフォンやICカードでの施錠・解錠に加え、Web管理ツールやスマートフォンアプリからの入退室履歴の確認、遠隔での施錠・解錠、鍵権限の付与・剥奪など、クラウドを通じた鍵の権限管理や入退室管理が可能になります。

サービスサイト:https://akerun.com/

 

【株式会社Photosynth(フォトシンス)について】

「つながるモノづくりで感動体験を未来に組み込む」をミッションに掲げ、キーレス社会の実現を目指して、既存のドアに後付けで設置するだけで鍵をクラウド管理できる「Akerun入退室管理システム」をはじめとしたAkerunブランドのクラウド型IoTサービスを提供しています。Akerunにより、オフィスの扉をインターネットにつないでクラウド化することで、ICカードやアプリでの鍵の施錠・解錠に加え、クラウドを通じた鍵の権限付与、入退室履歴の確認など様々な場所やシーンへのアクセス管理が可能になります。このクラウド型IoTサービスにより、規模を問わず、さまざまな業種、業態の企業の働き方改革とデジタルトランスフォーメーションを支援します。

https://photosynth.co.jp/

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります

両社では、今回の連携サービスを通じて、企業の労務管理者や総務担当者による労務管理の効率化や多様な働き方への対応など、様々な取り組みを引き続き支援します。

 

また、ハーモス勤怠は今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります。
是非「無料の勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASU」ご利用いただき、皆様からのフィードバックを頂戴できれば幸いです。

ハーモス勤怠 by IEYASUへのご要望はこちら

【β版リリースキャンペーン延長】6月末まで無料で利用可能|HRMOS稟議 by IEYASU

 

いつもHRMOS稟議をご利用いただきありがとうございます。

2023年9月にリリースされたワークフローシステム「ハーモス稟議 β版」。
リリースを記念し、2024年3月末まで月額費用0円でご利用いただける「β版リリースキャンペーン」を実施しておりましたが、ご検討中の皆様より多くのご要望いただいたため、β版リリースキャンペーンを2024年6月末まで延長させていただくことになりました!

この機会に是非、稟議ワークフローをご利用いただければ幸いです!

【β版リリースキャンペーン延長】6月末まで無料で利用可能

通常、31名以上でハーモス稟議をご利用いただく場合は、月額費用お一人あたり100円の有料プランへお申し込みいただく必要がございますが、2024年6月末までは31名以上であっても無料でご利用いただけます。これを機に是非ハーモス稟議をお試しください!

※2024年6月末までは30名以上でも月額費用0円で全機能をご利用いただけます。
※キャンペーン終了後、自動課金されることはありませんのでご安心ください。
※キャンペーン終了後、30名以上でご利用いただく場合は有料プランへお申し込みください。

詳細・無料会員登録はこちら

【新機能】週40時間を超過した時間のみを集計する項目を追加|HRMOS勤怠 by IEYASU

いつもハーモス勤怠をご利用いただきありがとうございます。

クラウド勤怠管理システム ハーモス勤怠は、新しく週40時間超過のみを集計する項目を追加いたしました。

今までは週40時間を超過した時間を残業時間として集計することはできても、週40時間を超過した時間のみを集計する項目はなく別途計算していただく必要がありました。今回追加した項目により、週40時間を超過した時間のみをシステム上で自動集計できるようになりました。

週40時間を超過した時間のみを集計する項目を追加

追加項目

日次勤怠画面や勤怠承認画面に表示される集計項目や、csvで出力される集計項目に、週40時間を超過した時間のみを集計する「週40時間超過」を新しく追加いたしました。

【追加項目】

  • 週40時間超過
  • 法定時間外労働時間(週40時間超過)
  • 法定時間外労働時間(週40時間超過を除く)

各項目の集計ロジック

週40時間超過
週の法定内労働時間(所定内労働 + 法定内時間外労働) が40時間を超過した時間が表示される
※「特例措置(週44):対象」と設定された従業員は44時間を超過した時間が表示される

法定時間外労働時間(週40時間超過)
「週40時間超過」の月の合算値が表示される

法定時間外労働時間(週40時間超過を除く)
法定時間外労働時間 ー 法定時間外労働時間(週40時間超過)

「週40時間超過」の設定方法

設定①勤怠設定画面で機能をONに

「週40時間超過」の項目は、週40時間超の集計機能の一部です。

システム管理>勤怠設定>勤務形態タブ]画面で「週40時間超:利用する」と設定することによって、週40時間超の集計機能がONになり、「週40時間超過」の項目も表示されるようになります。また、週44時間を法定労働時間とする特例事業である場合「特例措置(週44):利用する」と設定してください。

【関連】
Q. 週40時間超の集計をしたい
Q. 特例措置(週44)とは?

設定②社員画面より「週40時間超:集計する」を設定

システム管理>社員>社員編集]画面から、「週40時間超の集計:集計する」と設定します。

この設定により、この従業員に「週40時間超」の集計が適応され、この従業員の日次勤怠画面に「週40時間超過」の項目も表示されるようになります。(週44時間を法定労働時間とする特例事業の対象者である場合は「特例措置(週44):対象」と設定してください)

設定③日次勤怠画面に表示する項目を選択

システム管理>日次勤怠 項目設定]画面において、日次勤怠画面等に表示する項目や、csvで出力する項目を選択し、チェックを入れていきます。


以上で設定は完了です。

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります。
是非「無料の勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASU」ご利用いただき、皆様からのフィードバックを頂戴できれば幸いです。

ハーモス勤怠 by IEYASUへのご要望はこちら

【新機能】固定残業時間(みなし残業)の項目を追加いたしました|HRMOS勤怠 by IEYASU

いつもハーモス勤怠をご利用いただきありがとうございます。

クラウド勤怠管理システム ハーモス勤怠は、新しく「固定残業時間(みなし残業)」の項目を追加いたしました。

今までは固定残業時間(みなし残業)を差し引いた残業時間を集計するには、勤怠データをcsvで出力したあとcsv上で別途計算する必要がありましたが、今回の新機能により、固定残業時間(みなし残業)を差し引いた残業時間をシステム上で自動集計できるようになりました。

「みなし残業時間」の項目を追加

日次勤怠画面や勤怠承認画面に表示される月次集計項目や、csvで出力される月次集計項目に、固定残業時間(みなし残業)に関する項目を新しく追加いたしました。

以下の項目では、社員一人ひとりに設定された固定残業時間(みなし残業時間)を差し引いた残業時間が自動集計されます。

【追加項目】
■勤務形態:一般

  • 固定(みなし)残業時間
  • 固定(みなし)残業時間超過

■勤務形態:フレックスタイム制、変形労働時間制

  • 固定(みなし)残業時間超過
  • [清算期間]の固定(みなし)残業時間超過

「みなし残業時間」の設定方法

設定①勤怠設定画面で機能をONに

システム管理>勤怠設定>勤務形態タブ]画面にある「固定(みなし)残業時間:利用する」と設定することによって、固定残業時間(みなし残業)の機能がONになり、関連項目が表示されます。

設定②社員画面より「みなし残業時間」を設定

システム管理>社員>社員編集]画面から、以下の項目を設定します。

固定(みなし)残業時間:固定(みなし)残業時間を登録する社員の場合は「集計する」を選択
固定(みなし)残業時間 集計固定(みなし)残業時間を登録 ※20:00のように hh:mm形式でご入力ください
固定(みなし)残業時間 集計 対象項目:固定(みなし)残業時間の超過の対象となる項目にチェック

 

(例)下図の場合
「法定時間外労働時間(日中)」と「法定外休日労働(日中)」の合算値が、固定(みなし)残業時間20時間を超過した場合に、「固定(みなし)残業時間 超過」の項目に集計される

設定③日次勤怠画面に表示する項目を選択

システム管理>日次勤怠 項目設定]画面において、日次勤怠画面等に表示する項目や、csvで出力する項目を選択し、チェックを入れていきます。

各項目の集計ロジック
勤務形態:一般

「固定(みなし)残業時間」
[システム管理>社員>社員編集]画面にて設定された固定(みなし)残業時間を表示

「固定(みなし)残業時間超過」
[システム管理>社員>社員編集]画面にて設定された「固定(みなし)残業時間 集計 対象項目」の合算値 ー 固定(みなし)残業時間


勤務形態:フレックスタイム制(所定時間超)

「固定(みなし)残業時間超過」
本日までの残業時間ー固定(みなし)残業時間

「[清算期間]の固定(みなし)残業時間超過」

清算期間の[本日までの残業時間]ー固定(みなし)残業時間

【関連】
Q.  各労働形態の計算ロジックは?

 

勤務形態:フレックスタイム制(法定労働時間超)

「固定(みなし)残業時間超過」
本日までの残業時間ー固定(みなし)残業時間

「[清算期間]の固定(みなし)残業時間超過」

清算期間の[本日までの残業時間]ー固定(みなし)残業時間

【関連】
Q.  各労働形態の計算ロジックは?

勤務形態:変形労働時間制

「固定(みなし)残業時間超過」
法定外労働時間ー固定(みなし)残業時間

「[対象期間]の固定(みなし)残業時間超過」
[対象期間]の法定外労働時間ー固定(みなし)残業時間
(深夜は通常勤務の方を見る)

【関連】
Q.  各労働形態の計算ロジックは?

 

以上で設定は完了です。

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります。
是非「無料の勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASU」ご利用いただき、皆様からのフィードバックを頂戴できれば幸いです。

ハーモス勤怠 by IEYASUへのご要望はこちら

【新機能】打刻拠点のズレを検知する「打刻拠点エラーレポート」をリリース|HRMOS勤怠 by IEYASU

いつもハーモス勤怠 by IEYASUをご利用いただきありがとうございます。

この度、クラウド勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASUは、打刻拠点のズレを検知する「打刻拠点エラーレポート」をリリースいたしました。

拠点打刻機能において出勤打刻と退勤打刻で打刻拠点が異なる場合など、打刻拠点が不適切にズレた際に打刻拠点エラーレポートに表示されます。

ICカード打刻・共有タブレット打刻・QRコード打刻で、拠点打刻機能をご利用の場合は是非ご利用ください。

【機能紹介】打刻拠点エラーレポート

打刻拠点エラーレポートの開発背景

拠点打刻機能において、PC・アプリ上で打刻ボタンをクリックして打刻する場合は、出勤打刻と退勤打刻で打刻拠点がズレることはありません。

しかし、ICカード打刻共有タブレット打刻QRコード打刻では、出勤打刻と退勤打刻で打刻拠点がズレる場合があります(ICカード打刻・共有タブレット打刻では拠点ごとにICカードリーダーやタブレットが用意されており、QRコード打刻では拠点ごとにQRコードが生成されているため)。

【例】
午前はA拠点、午後はB拠点で勤務する場合、A拠点での休憩開始打刻・B拠点での休憩終了打刻を忘れてしまうと、A拠点で出勤しB拠点で退勤した状況になります。

(正)
出勤時9:00に、A拠点のICカードリーダーで出勤打刻
移動前13:00に、A拠点のICカードリーダーで休憩開始打刻
移動後14:00に、B拠点のICカードリーダーで休憩終了打刻
退勤時18:00に、B拠点のICカードリーダーで出勤打刻

(誤)
出勤時9:00に、A拠点のICカードリーダーで出勤打刻
退勤時18:00に、B拠点のICカードリーダーで退勤打刻

打刻拠点がズレている場合、勤務開始時の打刻拠点での勤務として集計されるため、終日A拠点で勤務したことになります。

上記のような打刻拠点の不適切なズレを検知する際に、打刻拠点エラーレポートをご利用ください。

不適切な打刻拠点のズレを検知する「打刻拠点エラーレポート」

打刻拠点エラーレポートとは

[システム管理>勤怠設定>打刻・端数処理タブ]画面で、「打刻時の拠点選択:表示する」と設定している場合、
上部メニュー[レポート]画面に「打刻拠点エラーレポート」が表示されます。

打刻拠点エラーレポートでは、出勤打刻と退勤打刻で打刻拠点が異なる場合、休憩終了打刻と休憩開始打刻で打刻拠点が異なる場合など、打刻拠点が不適切にズレた場合をエラーとして表示します。

【エラー内容】

  • 出勤打刻と退勤打刻
  • 出勤打刻と休憩開始打刻
  • 休憩終了打刻と休憩開始打刻
  • 休憩終了打刻と退勤打刻
エラー名のテキストリンクから打刻履歴を確認

「拠点打刻エラー列」に表示されるエラー名のテキストリンクをクリックすると、その日の打刻履歴が表示されエラーの詳細を確認できます

エラーになっている拠点(=打刻拠点がズレている箇所)は赤字で表示されます。
下図の場合、渋谷支店で出勤打刻しているのに新宿支店で退勤打刻されているため、新宿支店が赤字で表示されます(=18:55の出勤打刻は本来は新宿支店で打刻されるべきだった)。

氏名のテキストリンクから修正

「氏名列」に表示される氏名のテキストリンクをクリックすると、その従業員の日次勤怠が表示されます。エラーが生じている日付の編集画面(鉛筆マーク)から、打刻拠点を編集してください。

下図の場合、18:55の休憩終了打刻は新宿支店で打刻されるべきだったので、「休憩終了後の拠点打刻」を新宿支店へ変更します。

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります

今後も皆様からのご要望をもとに機能拡張を進めて参ります。

是非「無料の勤怠管理システム ハーモス勤怠 by IEYASU」ご利用いただき、皆様からのフィードバックを頂戴できれば幸いです。

ハーモス勤怠 by IEYASUへのご要望はこちら