【API連携】勤怠管理システム「IEYASU」とクラウド人事労務ソフト「SmartHR」が連携。入社前から勤怠管理までスマートに管理。


無料の勤怠管理システム「IEYASU」を運営するIEYASU株式会社(東京都港区、代表取締役:川島 寛貴)は、2019年6月10日より、株式会社SmartHR(東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」とのAPI連携機能を開始したことをお知らせいたします。

連携の概要

今回のAPI連携により、「SmartHR」に従業員情報が登録されている場合、「IEYASU」へ簡単に従業員情報の同期が可能になります。「SmartHR」では、従業員本人に入社手続きに必要な情報を登録してもらえるので、「IEYASU」への連携機能を活用することにより、人事労務担当者の入力作業が大幅に効率化されます。

<同期できる情報>

個人情報:姓名(ビジネスネーム)・ヨミガナ
社員情報:入社日・社員番号・所属部署・退職日

今後もIEYASUは、「働き方を変える」サービスを目指し他社の優れたサービスとの連携も強化してまいります。

連携の背景

2019年4月からの働き方改革関連法の施行に伴い、各企業において法改正に準拠した労働環境の整備や就業規則などの見直しを行っていく必要があります。なかでも、5日間の有給休暇取得の義務化、客観的方法による労働時間把握の義務化、残業時間の罰則付き上限規制など、従業員の労働時間の把握を前提とする規制が多いため、体制整備の第一歩目として、とりわけ従業員の労働時間管理が緊急かつ重要な対応項目となっています。

このような、人事労務担当者の負担が増加する背景をもとに、無料で多くの機能を提供する勤怠管理システム「IEYASU」と、雇用 契約や入社手続きをシンプルにする「SmartHR」との連携が実現しました。

両サービスの主要機能と、今回のAPI連携機能を活用することで、従業員情報の効率的な管理を実現させ、制度づくりやより良い働く環境づくりに集中できることを期待します。

「SmartHR」について

SmartHRは、入社手続きや雇用契約、年末調整などのあらゆる労務手続きのペーパーレス化を可能にするクラウド人事労務ソフトです。最新の人事データベースをもとに、社員名簿や人事レポートの作成も可能。勤怠管理や給与計算システムとの連携も充実しており、カンタン・便利なプラットフォームによって企業の人事労務改革を後押しします。

労務管理クラウド シェアNo.1 ※HRTechクラウド市場の実態と展望 2018年度(ミック経済研究所)
サイト:https://smarthr.jp/

「IEYASU」について

「IEYASU」は、勤怠管理システムの基本機能が完全無料で利用できるサービスです。
1,000社を超える企業のサポート経験で培った人事・労務部門の専門的なノウハウをもとに、ベンチャー企業や中小企業向けに必要な機能を精査した、シンプルで使いやすい勤怠管理システムです。「派遣会社専用機能」「SES会社専用機能(勤務表+請求書の自動発行)」といった業界専用機能もご用意しております。
サイト:https://www.ieyasu.co/

会社概要

IEYASU株式会社
代表者:代表取締役 川島 寛貴
設立 :2016年7月1日
所在地:東京都港区北青山3丁目5−6 青朋ビル3F
企業URL:http://ieys.co.jp/

株式会社SmartHR
代表者:代表取締役 宮田 昇始
資本金:15億1,246万円(資本準備金含む)
設立 :2013年1月23日
所在地:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー39F
企業URL:https://smarthr.co.jp/

IEYASU 編集部 について

無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」を運営しております。無料のWeb給与明細もリリース致しました。是非、ご活用ください。 https://www.ieyasu.co/